忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史事件・事故
  3. 記事詳細

鷏和の「国境石」破損 市教委「原因は不明」

 2024年01月27日 
 明治維新以前の播磨国と備前国の境界を示す鷏和の「国境石」が破損し、赤穂市教育委員会が対応を検討している。

 破損した国境石は「恋ヶ浜」と呼ばれる海岸の近くにあり、高さ約1・9メートル、1辺約30センチの四角柱。材質は花崗岩とみられ、一方の側面に「従是東播磨國」、反対側に「従是西備前國」の文字が刻まれている。市内に現存する国境石としては、この他に赤穂沖に浮かぶ取揚島に建つものしかなく、市教委は標柱を建てて顕彰していた。

 市教委によると、昨年11月20日、市民から「国境石が割れている」との通報があり、現地を確認したところ、石柱が3つに割れていた。破損した時期や原因は「不明」だといい、偶発的に倒れて割れたのか、人為的に壊されたのか、わかっていない。

 石柱があった土地は財務省の所有。その周囲は民有地で、昨夏までに一帯すべての樹木が伐採され、国境石がポツンと建つ状態となっていた。

 市教委は「指定文化財ではないが大切な地域の歴史文化遺産であり、破損したことは残念。市としては保全したいと考えており、財務省と協議を進めている」(文化財課)と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年1月27日号(2538号) 1面 (4,855,094byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

雑木林だった恋ヶ浜が、雑木が取り除かれ景色が一変した。標柱がが表れ、歴史の証言を訴えているようだった。それが無残にも壊されて放置されている事が残念でならない。少し離れたところに、これを説明する金属中がある。「郷土の文化遺産を未来へと」と表示している。壊された標柱が、一刻も早く復元されることを願う。そして、教育委員会等関係機関は、歴史的評価をしっかり残すこと。赤穂市民の貴重な財産である。

4  4

投稿:海境筆界 2024年02月04日

指定されてはないが、かけがえの無い歴史的遺産です。「是より取揚島を見る」この標柱が立てられたころは海が見通せてたんだろうね。

4  3

投稿:腹立たしい 2024年01月27日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 綿栽培通して「人間サイズのまちづくり」兵庫県から奨励賞←赤穂民報(02/19)
  • 全日本社会人ボクシング準優勝 高野の尾上海斗さん←近藤 卓(02/19)
  • 全日本社会人ボクシング準優勝 高野の尾上海斗さん←近藤 卓(02/19)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警