忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

祖父と孫の作品競演 「長安義信VS雅山」展

 2023年07月29日 
 ともに赤穂生まれで、幕末に絵師として活躍した長安義信と、その孫で日本画家の長安雅山。2人の作品を同時に紹介する企画展「長安義信vs.長安雅山〜祖父と孫との対決〜」が御崎の赤穂市立美術工芸館・田淵記念館で開催されている。

企画展「長安義信vs.長安雅山〜祖父と孫との対決〜」で展示されている長安義信画『朱描き鍾馗図』(右)と長安雅山画『鍾馗図』(左)


 長安義信(1788−1868)は大坂の画家・佐野龍雲から絵の手ほどきを受けた。京都、奈良などで古画から学び得たという優美な作風と躍動的な筆使いが特長で、40歳で朝廷からすぐれた絵師に与えられる「法橋」の称号を授かった。その後、故郷へ戻り、花岳寺門前に居を構え、この頃から「周得」と号した。赤穂藩から客分として処遇され、81歳で没するまで赤穂、岡山などで多数の作品を残した。

 長安雅山(1875ー1963、本名・孝之助)は日本画の巨匠、橋本雅邦に師事。何度も門前払いされながら粘り強く通い続け、弟子入りを認められたという。各種展覧会で入賞を重ねたが、審査や売名にとらわれた画壇の風潮に見切りをつけ、50歳を過ぎたあたりからは自身の画道を極めることに没頭。赤穂義士を題材にした作品も多く手掛けた。常に史料文献を基にし、できる限り史実に即して描く姿勢を貫いた。

 今展では、昨年に同家子孫から寄託された作品を中心に2人の作品を19点ずつ対面で展示。義信側を「赤コーナー」、雅山側を「青コーナー」として来館者が気に入った方にシールで投票できる趣向となっている。そのうち「寒山拾得図」「寿老人図」など共通の画題を描いた作品が6組あり、2人の画風を見比べやすい。

 また、義信の長男で雅山の父でもある金学(1829ー95)の作品2点も展示。藤田忠彦学芸員は「ダイナミックで力強い絵を描いた義信、丁寧で繊細な画風の雅山。どちらが好みか投票してもらえれば。長安親子3代の作品を同時に展示するおそらく初めての機会なので、ぜひ鑑賞してほしい」と話している。

 8月7日(月)まで午前9時〜午後5時(入館は4時半まで)。火曜休館。入館料200円(小・中学生100円)。Tel42・0520。

田淵記念館で開催中の企画展「長安義信vs.長安雅山〜祖父と孫との対決〜」



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年7月29日号(2516号) 1面 (15,118,983byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警