忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

ハマウツボ保全20年 県から功労者表彰

 2023年07月15日 
 兵庫県版レッドデータブックAランクに選定されている希少植物・ハマウツボの群落を長年保護している「高雄地区水辺づくり協議会」が兵庫県の環境保全功労者表彰を受賞した。自治会を中心に地元小学校やPTAも加わる地域ぐるみの活動が評価された。

兵庫県の環境保全功労者表彰を池田達哉校長や子どもたちと喜ぶ溝田泰司会長


 ハマウツボはカワラヨモギの根に寄生する一年草で、高雄小学校近くの千種川河川敷は兵庫県内で2か所しかない自生地の一つとして知られる。協議会は「ハマウツボを地域の宝として守り育てよう」と自治会と学校、PTAなどで2004年に発足。協議会が定期的に除草して管理する約1000平方メートルの保護区は児童たちの観察学習の場となり、調査統計の方法や発表資料づくりのノウハウ、環境保全の大切さなどを学んでいる。

 今年も6月に児童らがハマウツボの個体数を調査。保護区内に生息する株を一本一本数え、3013本を確認した。活動に参加した6年の安井奨真君(11)は「ハマウツボはどこにでもあるものでないので、みんなで守っていきたい」。池田達哉校長は「子どもたちが安心して学べる環境を地域のみなさんが整えてくれていることがありがたい。高雄小ならではの特色ある学習として今後も取り組んでいきたい」と話す。

 協議会の発足から今年で20年目。5代目となる溝田泰司会長は「これまで活動に関わった方たちが道筋をつくってくれたことが今につながっている。これからも地域の宝として保全していきたい」と表彰を機に改めて誓った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年7月15日号(2515号) 1面 (6,098,584byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 高雄地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←海が好き!(07/07)
  • 「アース坂越の森」 環境省の自然共生サイト認定←地球市民(07/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警