忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

牟礼氏が施政方針「現実の歳入規模に見合った行財政構造へと見直し」

 2023年03月01日 
 牟礼正稔市長は1日、第1回定例会本会議で2023年度の施政方針を説明。今年1月の市長選で無投票で再選されたこともあってか、おおむね従来方針を踏襲する内容となった中、「現実の歳入規模に見合った行財政構造へと見直しを図っていく」と財政運営の転換を表明した。

2023年度施政方針を表明した牟礼正稔市長


 牟礼氏は施政方針で赤穂市の歳出について、「病院事業会計への経営改善に向けた繰出金を確保するほか、人件費や扶助費などが引き続き高い水準で推移する」とした一方、歳入は「地方消費税交付金などの増収が見込まれるものの、市税など一般財源収入全体では伸びが期待できないため、依然として基金を取り崩さざるを得ない厳しい財政環境にある」と指摘。「新たに第9次行政改革大綱を策定し、多様化する財政需要に対応し、人口減少が進む中でも持続可能な行財政運営を確立するため、現実の歳入規模に見合った行財政構造へと見直しを図っていく」と述べた。

 牟礼氏は今年度(2022年度)の施政方針では、「第8次赤穂市行政改革大綱に基づき、効率的で効果的な事業の展開により行財政体質の強化・充実と財源不足額の圧縮を図りながら、増大し多様化する行政需要に的確に対応していく」としていたが、より身の丈に合った財政運営にシフトしていくとみられる。

 そんな中、公約で「最重要課題」に掲げた子育て支援施策については施政方針でも新規・拡充事業への取り組みが盛り込まれた。市民病院への一般会計からの繰り出しは「最大限の支援を行っていきたい」とし、「できる限りの支援」としていた今年度からやや踏み込んだ印象。今年度は財政調整基金を活用して据え置いた国民健康保険税額は「県下の保険料水準の統一に向けて、年度間負担の公平性を確保する観点から、計画的かつ段階的に保険税率の改正を行う」とした。

 また、上下水道の将来にわたる適切な維持管理と計画的な施設・設備の更新を図ろうと「(仮称)赤穂市上下水道事業在り方検討委員会」を設置する意向を示した。

 施政方針表明は約38分間にわたり、「困難な課題にも全力で取り組み、市民の皆様の声を聞き、一つ一つ着実に問題を解決しながら、将来を見据えたまちづくりを進めていく」と決意を述べて締めくくった。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年3月4日号(2498号) 1面 (11,792,389byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]


コメント

市民病院がなくなってもよいと書いている方は本当に赤穂市民ですか?

7  13

投稿:市民 2023年10月09日

赤穂で生まれ育ち、同じように赤穂で生まれ育った人と結婚して赤穂で子育てをしてきました。牟礼市長が市長になられた時は子供を育てやすくなりそうだと期待しました。しかし、公約は守られず、今回も給食費の無料化は見送りされ、公務員の逮捕とかもあったし、、市民病院は以前と比べて医療費が高い(と感じる)、その上医療ミスの連続(脳神経外科で連発した事故がどうなったのかも説明なし)、それなのに子供のことより市民病院にお金を注ぎ込むって??市長の神経がわかりません。本当に市長の考えなのか、支援者に押し切られて仕方なく市民病院に税金を使うのか?それもわかりませんが、とにかく赤穂市では子供を育てにくくなっているのは間違い無いです。妻は子供のために真剣に明石市に引っ越したいと言ってます。市によって子育て支援がこんな違いすぎるなんておかしいと思います。

11  3

投稿:悩める市民 2023年03月04日

市民病院に公金投入は反対です。
しかしながら潰すのはもったいない。
なので、事業規模を縮小し、オンライン診療に注力するのはどうでしょうか?
人件費も固定費も削減できるはずです。

15  13

投稿:ヤルダバオト 2023年03月02日

なぜ市民病院にそこまで肩入れするのですか?子育て支援の方が先ではないですか?我が家は市民病院がかかりつけではないので余計にそう思うのかもしれませんが、つい先日も何年も前の医療事故で和解したとかいう記事が出てましたよね?未来のない病院より未来を見据えて子供や他のことに財源を回してほしいです。病院の代わりは他にもあるけど子供の代わりはありません。昔に比べて子供の数もどんどん少なくなり、このままだと赤穂市が市民病院のせいで潰れるんじゃないかと心配です。

33  20

投稿:あこう市民 2023年03月01日

なぜ市民病院に突出した費用を出し続けるのか、財源が不足しているのなら一番に削減する対象になるのではないか。
詳しい説明を市民に対して広報あこうで掲載してもらわなければなりません。

32  16

投稿:理解不可 2023年03月01日

赤穂市の税収は、一昔前に比べ万全では無いのが事実明白。減収になったのでそれ相応の財政出動になる様に、努めて頂きたいものです。
給食費完全無償化を出来無いのは、税収減少だけらと、思いますね。市長も苦渋の決断をされたんだとおもいます。、

12  13

投稿:万全 2023年03月01日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 病院事業管理者 給料5%カットへ←赤穂市民(04/13)
  • 病院事業管理者 給料5%カットへ←いつまで(04/13)
  • 女人義士行列、御塩道中など「春の義士祭」14日開催←春祭り(04/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警