忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

赤穂市議会 13・14日に代表質問

 2023年03月08日 
 赤穂市の2023年第1回定例会は3月13日(月)と14日(火)に代表質問・一般質問を行う。牟礼正稔市長の施政方針や新年度当初予算案などについて質す。


 複数の会派が質問する市民病院の経営改善、子育て支援、防災対策のほか、定住・移住促進、第9次行政改革大綱、産廃最終処分場計画への対応などテーマは多岐にわたる。

 両日とも午前9時半に開会。13日は新風、赤諒会、千種が質問し、14日は公明党、政翔会と無会派議員が質問を行う。

 事前に通告された質問内容は次のとおり。

▽奥藤隆裕議員(新風)
1.赤穂市民病院について
 (1) 経営改善について
 (2) 経営形態の変更について
2.災害時における即応力の向上について
 (1) 地域住民の防災意識の向上策について
 (2) 地域の特性に合わせた防災対策について
3.産業廃棄物最終処分場建設計画について
4.上下水道事業について
 (1) 上下水道施設の更新等に係る今後の見通しについて
 (2) 「(仮称)赤穂市上下水道事業在り方検討委員会」の設置について
5.ごみ処理施設の大規模改修工事について
 (1) 改修工事による長寿命化について
 (2) 改修工事完了後の次の段階に向けた方策について
6.空家対策について
 (1) 危険空家の除却や空家となった古民家を再生する場合の助成の継続について
 (2) 兵庫県空家等活用促進特別区域制度での空家等を活用した景観の維持・保全について
7.赤穂市の農業政策について
 (1) 赤穂市のほ場整備の考え方について
 (2) 田端・上浜市地区のほ場整備について
  ア 具体的なスケジュールについて
8.赤穂ふるさとづくり寄付金について
9.地域産業と観光の振興について
10.移住・定住の促進について
 (1) 移住・定住のターゲット戦略について
 (2) 戦略方針の核となる取組みについて
 (3) 子育て環境の考え方について
11.学校給食センターについて
 (1) 本年度の取組みについて
 (2) 給食費の一部無償化について
12.学校教育について
 (1) 部活動の地域移行及び部活動指導員の現状と見通しについて
 (2) 小規模特認校の検討について
 (3) タブレット端末の利用状況について
13.図書館運営の今後について
14.スポーツの振興と交流人口の拡大について

 * * *

▽土遠孝昌議員(赤諒会)
1.市長の2期目に懸ける想いについて
2.学校給食費について
3.少子化社会における保育所の待機児童対策について
 (1) 保育士の確保と業務負担の軽減について
 (2) 御崎地区の認定こども園への移行検討について
4.病院事業について
 (1) 市の姿勢について
 (2) 市長の覚悟について
 (3) 公立病院経営強化プランについて
5.災害に強いまちづくりについて
 (1) 地域の防災活動団体との連携と支援について
 (2) 地区防災計画の作成支援について
6.赤穂大橋線街路事業及び密集住宅市街地整備促進事業について
 (1) 赤穂大橋線街路事業に係る地元自治会への事業説明について
 (2) 密集住宅市街地整備促進事業の今後の取組みについて
7.赤穂城南緑地陸上競技場の整備について
8.上下水道事業について
 (1) 事業推進に向けた事業費の確保について
 (2) 「(仮称)赤穂市上下水道事業在り方検討委員会」について
9.ごみ処理施設の整備について
10.農業振興におけるほ場整備の推進について
11.中学校の部活動について
 (1) 地域移行の現状について
 (2) 受益者負担について
12.スポーツ振興におけるマラソン大会のあり方について

 * * *

▽田渕和彦議員(千種)
1.行財政改革について
 (1) 「第9次赤穂市行政改革大綱」の市民への説明責任について
 (2) 自治体DXの取組みについて
 (3) 人材育成と組織の活性化について
2.少子化対策としての子育て支援及び未来への投資としての教育支援について
 (1) 子育て世代に対する経済的支援の拡充について
  ア 子どもの教育にかかる負担の軽減について
  イ 子どもの成育にかかる経済的負担の軽減について
  ウ 高等学校等就学支援について
 (2) 全ての子ども達が安心して教育を受けられるための環境整備について
  ア 多様な学びの機会を選択できる環境整備について
  イ 教職員の働き方改革について
  ウ 中学校部活動の地域移行について
  エ 「赤穂市教育振興基本計画」の実現に向けた体制整備について
3.雇用機会を創出する地域産業の活性化及び企業誘致・留置について
 (1) 地域産業の活性化について
  ア 第一次産業後継者の育成・確保とブランド化について
  イ 商店街の活性化について
  ウ 物価高、エネルギー高騰に対する事業者支援について
 (2) 企業誘致・留置に向けた取組みについて
  ア 誘致・留置に向けた情報収集について
  イ 誘致に向けた基盤整備について
 (3) 起業家支援について
4.交流人口を拡大する観光振興及び移住定住促進について
 (1) あこう魅力発信基地における観光コンテンツの開発及び商品造成について
  ア 令和4年度観光庁補助事業の実施状況及び今後の事業展開について
  イ 近隣自治体との連携による広域ツーリズム(サイクルツーリズムなど)の推進について
 (2) 観光プロモーションについて
  ア 兵庫デスティネーションキャンペーンにおける赤穂市の取組みについて
 (3) 移住定住促進にかかる取組みについて
  ア お試し暮らし住宅事業等について
  イ 自治会や地域団体との連携について
  ウ 空家対策及び兵庫県空家等活用促進特別区域制度にかかる取組みについて
5.地域医療の確保について
 (1) 赤穂市における地域医療の中長期ビジョンについて
  ア 赤穂市民病院と赤穂中央病院の在り方について
  イ 市内外の医療機関との連携について
  ウ 緊急患者等搬送方法(ヘリポート等)の確保について
  エ ア〜ウを踏まえた赤穂市の地域医療の中長期ビジョンについて
 (2) 赤穂市民病院の経営改善に向けた取組みについて
  ア 公立病院としての経営規模に対する市の考え方について
  イ 医師の確保について
  ウ 医師の働き方改革への対応について
  エ 地域医療機関との連携・機能分化について
  オ ア〜エを踏まえた公立病院経営強化プランの策定について
6.南海トラフ地震等大規模自然災害に対する防災・減災対策について
 (1) 災害時における即応力のある危機管理体制について
 (2) 地域防災力の強化について
  ア 個別避難計画の策定について
  イ 地区防災計画の見直しについて
  ウ 市民に対する防災意識の普及啓発について
7.社会基盤整備について
 (1) ごみ処理施設の管理運営について
  ア 新美化センター建設にかかる市の方針について
  イ 美化センターの候補地に対する市の考えについて
  ウ 不燃物最終処分場の運営について
  (ア) 不燃物最終処分場の稼働年数について
  (イ) 新たな処分場の運営形態(直営、民営)にかかる市の考えについて
 (2) 広域幹線道路の整備促進、事業化について
  ア 相生・赤穂広域幹線道路整備促進協議会の在り方について
  イ 幹線道路高雄有年横尾線の早期完了にかかる県への要望について
8.自然環境の保全について
 (1) 脱炭素社会(ゼロカーボンシティ)の実現に向けた取組みについて

 * * *

▽前川弘文議員(公明党)
1.赤穂市病院事業について
 (1) 経営改善、ガバナンス強化に向けた具体的な取り組みと経過及び評価について
 (2) 日本脳神経外科学会専門医指定訓練施設の認定停止の現状と今後について
 (3) 赤穂市民病院経営改善検証委員会の第2回報告内容について
  ア 政策的事業への取り組みと通常医療との関係について
  イ 赤穂市に見合った病院像を再設計する必要があるとの指摘を受けての取り組み状況について
2.安心で安全な子育て環境の整備について
 (1) 若者婚活支援について
 (2) 妊娠期から出産・子育て期までの「伴走型相談支援」と「応援給付金」について
  ア 家事支援員の確保について
  イ 産後ケアの拡充について
3.子どもの居場所づくりについて
4.地域防災力の向上への取り組みについて
5.学生や若者に対する移住定住の促進について
 (1) 学生や若者が市内企業等に定着する取り組みについて
 (2) 市内企業等に雇用された若者の奨学金の代理返還支援について
6.誰もが安全で安心して利用できる公園整備について
 (1) 公園トイレの洋式化について
 (2) インクルーシブ公園の検討について
7.行政のデジタル化・オンライン化について
8.不登校問題対策について
 (1) 適応指導教室の拡充について
 (2) 1人1台端末を活用した児童生徒の心の健康対策について
 (3) 不登校児童生徒の保護者への支援について
9.幼児教育・保育の専門職としての人材育成の取り組みと保育所の待機児童解消について

 * * *

▽家入時治議員(政翔会)
1.財政状況と市長の公約について
 (1) 市長公約の給食費完全無償化は撤回するべきではないか
 (2) 給食費の一部無償化の表現は、一部補助ではないか
 (3) 子育て支援の充実の考え方について
2.第9次赤穂市行政改革大綱について
 (1) 5年間の財政収支見通しでは、第9次行革後でも一般会計の繰出金が減少していないが、繰出金の主な内容について
 (2) 繰出金の影響について
  ア 令和5年度の下水道事業会計への繰出金1億9000万円の削減による事業及び災害対策の遅延に対する危惧について
  イ 令和5年度からの病院事業会計への多額な繰出金(令和5年度総額約14億円)の影響について
 (3) 歳出削減策における事務事業の選択と集中の考え方について
  ア 「スポーツ都市宣言」の市が赤穂シティマラソン大会中止をはじめスポーツ事業を縮減することは選択と集中と言えるのか
  イ 市長公約に子育て支援の充実を掲げながら、支援策を縮減する市長の感覚を問う
  ウ 赤穂市民病院経営改善検証委員会へ提出された資料における毎年2億9000万円の経営補助を受けた場合の収支シミュレーションについて
3.赤穂市民病院の経営改善について
 (1) 市民病院が自力で改善する令和4年度経営改善項目の実績評価と報告について
 (2) 令和5年度及び9年度までの経営改善について
  ア 市民病院経営検討委員会で示された経営改善項目について
  イ 紹介患者数の増大について
 (3) 市民病院経営改善検証委員会への資料の提出について
4.地域公共交通計画に近畿運輸局が示した「地域連携サポートプラン」に対する市としての考え方について
 (1) 公共交通の役割の明確化について
 (2) 財政負担の軽減に寄与する運行収入とその他の収入の増加について
 (3) 地域公共交通ネットワークの活性化について
 (4) 運転手不足への対応について

 * * *

▽深町直也議員(無会派)
1.福浦採石場の現状について
 (1) 環境保全協定について
2.赤穂市民病院の今後の経営について
 (1) 現在の経営状況について
 (2) 今後の新型コロナウイルス感染症患者入院病床について
3.赤穂市の公共交通について
 (1) 公共交通利用者アンケートの調査結果について
 (2) 近畿運輸局からの提案について
 (3) 路線バス会社のルート検討について
4.国民健康保険税について
 (1) 県下の保険料水準に合わせての値上げについて
5.給食費の無償化について
 (1) 予算案に計上する一部無償化について
6.市内の小中学校の現状について
 (1) 令和4年第4回定例会での統廃合関連の答弁について
7.パートナーシップ宣誓制度の導入について
 (1) 赤穂市人権教育・啓発基本計画(案)について
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年3月11日号(2499号) 1面 (6,989,680byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←赤穂民報(07/13)
  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←30代男性(07/13)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警