忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア街ネタ
  3. 記事詳細

旬彩蔵にシャッターアート 赤穂高美術部がカラフルに

 2023年01月22日 
 赤穂高校美術部が元町のJA直売所「旬彩蔵赤穂」(塚本幸一店長)で青果やマスコットキャラクターを絵柄にシャッターアートを描いた。カラフルな作品が店舗のアピールに役立っている。

旬彩蔵赤穂に完成したシャッターアートと制作した赤穂高校美術部のみなさん


 店舗北側の壁面(縦3メートル、横4・2メートル)には店名をレタスや玉ねぎ、ブドウなどでにぎやかに囲んだデザイン。倉庫入り口のシャッターは擬人化した野菜のイラストとともにJA兵庫西のマスコットキャラクター「にっしぃ」と赤穂市の観光マスコット「陣たくん」を描いた。

 「店舗のイメージアップを図りたい」という同店の依頼を引き受け、美術部員11人が「みんなに愛される旬彩蔵赤穂」をテーマに制作した。野菜や果物の色をできるだけ実物に近づけるように塗料の調合にこだわり、シャッターの凹凸に苦労しながら約1か月かけて完成させた。

 原画を担当した部長の藤田大喜(だいき)さん(17)=2年=は「こんな大きな作品を描いたのは初めて。たくさんの人に見てもらえるのはうれしい」。店の前を通る市道からも目に止まりやすく、旬彩蔵赤穂の福田政浩さん(68)=高野=は「明るくフレッシュな雰囲気で、うちの店にぴったり」と作品の出来映えに満足した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年1月28日号(2493号) 4面 (10,074,557byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合