忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

詩吟体験教室の子どもたちが奉納吟詠

 2022年08月23日 
 幼児から高校生を対象にした詩吟体験教室の受講者らが19日、上仮屋の赤穂大石神社で奉納吟詠。練習の成果を披露した。

練習成果の発表を兼ねて奉納吟詠する詩吟体験教室の受講者


 子どもたちに古典を身近に感じてもらおうと、吟道摂楠流赤穂吟詠会が文化庁の補助を受けて主催。7月下旬から全4回の日程で約20人が受講した。最終回だったこの日は保護者と指導者を合わせて32人が同神社を参拝し、大塩平八郎が赤穂義士を称えた漢詩「四十七士」、浅野内匠頭の辞世など3曲を拝殿で合吟した。

 祖母に誘われて受講した加里屋の中学3年、若狭雄治郎君は「練習よりもうまく歌えた。詩吟は気持ちがすっきりする」と話し、中尾摂寿会長(76)=中浜町、本名寿満男=は「教室をきっかけに興味を持ってもらえればありがたい」と話した。

練習成果の発表を兼ねて奉納吟詠する詩吟体験教室の受講者



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年9月3日号(2475号) 4面 (10,436,044byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合