忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

「子どもたちに幸あれ」松村さんのスズラン咲く

 2022年04月18日 
例年よりも多く花が咲いたという松村良明さんゆかりのスズラン=寺内まみさん宅
 「スズランおじさんが送ってくださったスズランが咲きました」と東有年の元小学教諭、寺内まみさん(71)が知らせてくれた。

 「スズランおじさん」とは赤穂市出身の故松村良明さん。高雄生まれの松村さんは仕事の関係で1959年に北海道に移住。冬の寒さに耐えて美しい花を咲かせる野生のスズランに感動し、「赤穂にはない花を見せてあげたい」と母校の高雄小へ贈った。その後も毎年贈り続け、子どもたちから「スズランおじさん」の愛称で呼ばれた。

 寺内さんは30年ほど前に高雄小に勤務したことがあり、当時松村さんから送られたスズランを自宅庭に株分けしたという。暑さに弱いスズランだが、半日陰の場所が合ったのか、毎年4月から5月にかけて開花。1本だけだった花株は今では約20本に増えた。

 「例年は1本か2本しか咲かないのですが、今年は今までになくたくさん花がつきました」と寺内さん。庭におじゃますると、ハナミズキの根元あたりに身を寄せ合うようにスズランの花株があり、白いベル型の小さな花が茎に連なって咲いている。

 松村さんが2008年7月に82歳で亡くなってから今年で丸14年。当時小1だった学年は昨年20歳になった。スズランの花言葉は「純粋」「幸せの再来」だという。寺内さん宅のスズランには、子どもたちの幸せを純粋に願った松村さんの思いが宿っているように感じた。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】天へ昇った「スズランおじさん」(2008年12月19日)


掲載紙面(PDF):
2022年4月29日号(2460号) 4面 (10,585,646byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

とても感動しました。
親子二代でスズランおじさんからスズランいただきました。
関連ニュース(当時の記事)を読んで涙しました。スズランおじさん いつまでも愛されていますね。きっと天国で笑ってらっしゃるよ。

8  1

投稿:近所のおばちゃん 2022年04月20日

当時は1年生,先生のお名前を拝見し,心ほっこり
スズランおじさんのスズランの花の香りを思い出しました

8  1

投稿:当時は1年生 2022年04月18日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←坂越住み(11/27)
  • トライアル細野店 ピーク時の来店試算「271台」←なんかなー(11/26)
  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合