忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

通学路見守り16年無事故 県知事から表彰

 2022年03月05日 
16年間続く大町自治会防犯パトロール隊の通学路見守り活動
 長年にわたって登校時の児童の見守り活動に貢献してきたとして、大町自治会防犯パトロール隊に兵庫県知事から「ひょうご地域安全まちづくり活動賞」がこのほど贈られた。

 城西小学校区にある同自治会は2005年12月に防犯パトロール隊を発足。翌年4月から登校中の子どもたちとのあいさつ運動を兼ねて町内の通学路2か所で立ち番を始めた。いずれも幹線道路の渋滞を避ける車が多く通行する信号のない交差点だが、見守り活動が始まってから16年間で「地域内における児童の交通事故が1件も起きていない」(同校)という。

 現メンバー31人のうち約3分の2は初年度から活動を続けており、そのうちの一人で自治会長の勝田三好さん(71)の話では、1990年代に自治会員だった中田猛さん(故人)が1人で立ち番を始め、途中からパトロール隊に活動が広がったという。

 表彰を県に推薦した河本学・城西小校長(53)は「雨の日も風の日も子どもたちを見守ってくださり、本当にありがたい」と感謝。中田さんの形見の横断旗を受け継いで活動を続ける勝田会長は「長く続けられているのは地域の団結力があるからこそ。これからも事故のない安全な地域を守りたい」と話した。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←あこう(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←赤穂市民(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←市民(06/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合