忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

長寿の心得や人生訓を書に 95歳作品展

 2022年02月11日 
作品展「95才の挑戦」を開催中の難波和彦さん
 健康で長生きする秘訣や人生の心得などを書した作品展「95才の挑戦」が坂越のギャラリー喫茶「高瀬舟」で開かれている。

 高野の難波和彦さん(95)が約15点を出品。「長生きはリズム正しく日々送る」「人は皆病がなければ丸儲け」など日々の暮らしの中で感じたことを率直に筆でつづっている。谷内村(現姫路市飾東町)の村長で文化人だった父・輝二さんの影響で若いころから俳句や謡曲をたしなんだ。書作品には父から受け継いだ「漣亭孤舟(さざなみていこしゅう)」と号す。

 小学教諭や会社経営、ゴルフ場開発などさまざまな仕事やプロジェクトを経験してきた難波さん。波瀾万丈な人生を常に前向きに明るく歩んできた。仕事を引退して2003年に赤穂に移住し、22歳年下の妻と二人暮らし。国立大学教授の長男が年に2回プレゼントしてくれる会食と旅行が何よりの楽しみだという。

 健康長寿の秘訣を「生きる楽しみをこしらえること」と話し、「これからもおいしいものを食べて元気に過ごしたい」と笑顔を見せた。

 3月3日(木)まで午前10時〜午後4時。金土日は休み。TEL48・7122。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年2月12日号(2450号) 3面 (7,182,952byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←とんび(10/04)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←ggrks(10/04)
  • 《市民病院医療事故多発》スタッフから「ボイコット」後も手術←赤穂市民(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合