忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】樹木に引っ掻き傷「熊の爪痕」!?

 2021年11月12日 
「鹿の角研ぎ」の痕がついた樹木=読者提供
 11月7日に子どもと雄鷹台山に登ると、7合目から分岐したルート沿いの木の幹に引っ掻き傷がありました。何日か前に周世で熊が出たとニュースになっていましたが、熊の爪痕ではないかと思い、あわてて下山しました。(市内の男性)

 * * *

 男性から提供された写真を見ると、幹に長短10本程度の傷がランダムについている。男性の話では、傷は最も高いところで地面から1・7メートルほどの位置についていたという。傷口の様子から、傷がついてから何日も経っていないように見受けられる。雄鷹台山は毎日大勢の登山者が訪れており、もし本当に熊だとしたら大変だ。鳥獣被害対策を担当する赤穂市の農林水産係に写真を見てもらった。

 「猟友会や兵庫県の熊に詳しい人に聞きましたが、鹿が角をこすりつけた痕だそうです」

 鹿は樹皮に角をこすりつける習性があり、「鹿の角研ぎ」と呼ばれる。固くなった角の外皮を削り取るためとされ、8月下旬から11月ごろにかけて多く見られるという。大きな個体だと肩までの高さが1メートルほどあり、角がよく発達した鹿であれば角の先端は1・7〜1・8メートルに達するという。

 ちなみに、熊の爪痕は4本の傷が並行して残るのが特徴らしい。

 * * *

赤穂民報より
 熊の爪痕ではないようで安心しましたが、昨今は野生動物が暮らす領域と人が出入りする領域の境目があいまいになっている傾向があり、従来は熊が現れることのなかった場所に出没する可能性もないとは言えません。
 山で熊による被害を防ぐには、▽鈴やラジオなど音の出るもので自分の存在をアピールして遭遇を避ける▽餌となるものを放置せず、残飯を持ち帰る▽近距離で遭遇した場合には、熊を見ながらゆっくり後退するなど、落ち着いて距離をとるようにし、あわてて走らないーとされています。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年11月13日号(2438号) 3面 (10,791,566byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合