忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

超規格外 じゃがいも重さ1・2キロ

 2021年07月05日 
重さ1・2キロのジャンボじゃがいもを収穫した山根久和さん。向かって右側は同じ品種のじゃがいも
 浜市の山根久和さん(85)が重さ1・2キロのじゃがいもを収穫した。標準的なじゃがいも(Lサイズ120〜190グラム)の約6〜10倍に相当し、超規格外の大きさに山根さんも驚いている。
 山根さんによると、今年3月上旬に自宅近くの畑に植え付けたキタアカリという品種。6月下旬に収穫したところ、どれもサイズが大きく、とりわけ5〜6個ほどが「今までみたことのない大きさ」だった。
 長さ20センチ超、重さ800グラム以上あり、最も巨大なものは長さ25センチ、重さ1・2キロ。試しに一個切ってみると、中身もしっかり身が詰まっていた。兵庫県青果物標準出荷規格で最大クラスの3L(260グラム以上)の約4・5倍。最小クラスのS(30〜70グラム)との比較だと17〜40個分に相当する。
 「使っているのは普通に農協で買った肥料。酵素や特殊なものはなんも使ってへん」と山根さん。例年との違いは、「ここ数年休耕地だった親戚の畑を使ったこと」だという。
 兵庫県光都農業改良普及センターは「500グラムくらいのじゃがいもが獲れることはちょくちょくあるが、1キロを超えるような大物は珍しい。特に今年はじゃがいもの出来が良くなかったので、さらに不思議」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年7月10日号(2424号) 2面 (9,184,263byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(10/15)
  • 「かんぽの宿赤穂」来年4月に事業譲渡←残念です(10/15)
  • 寝ている間にこっそり…「忍び込み」被害に注意←防犯(10/14)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合