忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤高ナイン熱戦譜
  3. 記事詳細

赤高ナイン熱戦譜(32)全国でも恥ずかしくない内野陣

 2015年10月10日 
第36回全国高等学校野球選手権大会兵庫予選大会決勝、滝川−赤穂の得点経過と先発選手=1954年(昭和29)8月5日
 滝川がスクイズで先制した3回裏、なおも1死満塁で主砲・喜吉を打席に迎えるというピンチが続いていた。
 ここで一塁手の高尾がマウンドに駆け寄り、石橋に声を掛けた。高尾は「何を言ったか覚えていない」というが、おそらく投球に苦心している後輩を思いやったのだろう。
 高尾の気遣いで落ち着いたのか、石橋は喜吉を初回と同様、遊ゴロ併殺打に仕留めた。2球前には、あわや長打という大ファウルがライト方向へ飛んだが、持ち前の強気のピッチングで乗り切った。
 石橋は6回裏にも喜吉と対戦。無死1塁で三塁線強襲の内野安打を打たれたが、打球を体で止めたサードの塩崎が2塁へ送球。球が外野へ抜けたと思い込んでセカンドベースをオーバーランした走者をアウトにした。
 塩崎の話では、臨時コーチの渾大防は内野陣の連係プレーにも練習時間を割いた。走者を誘い出して刺殺するピックオフプレーの練習もあったというから、その経験がこの場面で役立ったのかも知れない。
 大会前はまったく下馬評に上らなかった赤高だが、大会後に朝日新聞に掲載された講評では、「内野守備は全国大会に出しても恥ずかしくない」と評され、ポジション別の優秀選手に高尾、勝本、中村、塩崎の3年生4人の名前が挙がった。
 4回以降は両チームの投手が本来の調子を取り戻し、スコアは動かず。試合は滝川1点リードのまま終盤へと移った。(文中敬称略)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年10月10日・第1部(2156号) 3面 (11,394,584byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺