忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤高ナイン熱戦譜
  3. 記事詳細

赤高ナイン熱戦譜(33)プロの監督が打撃指導

 2015年10月31日 
 7回表、赤高の攻撃は5番の木村から。「何が何でも塁に出る」との意気込みで初球から打って出た。
 詰まりながらも高いバウンドのゴロがピッチャーの頭を越えてショートの前へ転がった。1塁への送球よりも木村の足が早く、内野安打となった。
 木村はチームで中村と一、二を争う俊足。1着の者から抜けるルールだったダッシュ練習でも、いつも最初か2番目にクリアしていた。その足で、赤高にとってこの試合初めてのヒットが生まれた。
 6番石橋は送りバントを失敗した後、強打に出て遊ゴロ。2塁封殺の木村に代わって1塁に石橋が残った。7番蓬は大きく落ちるカーブに見逃し三振。2死1塁で打順は8番の高尾に回った。
 高尾の記憶では3年の春ごろ、有望選手発掘のために赤高へ練習を見に来たプロ野球・広島の初代監督・石本秀一から簡単な打撃指導を受けたという。前年度に赤高の正捕手だった梶原寿美生が広島に入団していたつながりもあった。当時はまだプロアマ協定がなく、プロが高校生を指導出来た。
 前の打席で三振に倒れた高尾。「ボールを引きつけて打て」との石本の助言を思い出し、いつもよりバットを遅らせ気味に出して思い切り引っ張った。ライト方向へ流し打つヒットが多かったという高尾には珍しく、鋭い当たりが三塁手の頭を越えた。(文中敬称略)
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺