忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤高ナイン熱戦譜
  3. 記事詳細

赤高ナイン熱戦譜(28)母がラジオを聴いている

 2015年08月08日 
 2回表の赤高の攻撃。ツーアウトフルベースの好機に9番塩崎が打席へ入った。チャンスで打ちたいのはバッターにとって当たり前だが、この日の塩崎には、さらに発奮する理由があった。
 塩崎(現姓・冨田)の話では、家は経済的に豊かではなかった。塩崎は子どものころから塩田に出て、海水を汲み上げる「もんだれあげ」で家計を助けた。昭和25年に大蔵大臣だった池田勇人が「所得の少ない人は麦を多く食う、所得の多い人は米を食う」と国会答弁して波紋を呼んだが、それから4年経っても塩崎家は「バチバチの麦飯」(冨田)を食べていた。
 そんな中、両親は赤穂初のプロ野球選手として巨人軍に入った長男・正人だけでなく、二男の忠良、三男の洋二にも好きな野球をさせてくれた。今大会前に1週間ほど行われた合宿で、部員一人につき一日5合の米を持ち寄ることになったときも、母が大事な米を持たせてくれた。
 この日の決勝戦はNHKと神戸放送(現ラジオ関西)が生中継していた。きっと母も赤穂でラジオを聴いている。
 「ここで打ちたい」
 外角いっぱいに決まった初球のストレートは見送った。続く2球目。塩崎はバットを強振した。(文中敬称略)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年8月8日・第1部(2147号) 3面 (10,310,003byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

まだ2回表や。

そう思う 0

投稿:野球 2015年08月09日
第何話まであるの?

そう思う 0

投稿:長い 2015年08月09日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺