忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤高ナイン熱戦譜
  3. 記事詳細

赤高ナイン熱戦譜(38)厳しい練習耐えてこそ

 2015年12月31日 
赤高ナインに贈られた「準優勝」メダル
 赤高は翌年以降も活躍が期待されたが、30年夏は初戦敗退、31年夏は1勝で終わった。
 高尾「甲子園には行けんかったけど、練習も試合も一生懸命やったことだけは自信もって言える」
 木村「厳しい練習で鍛えられたんは、社会人になってもよかったと思いますな」
 高尾「苦しい練習やって、勝って、初めて楽しさがあるんちゃうかな。古いかも知れへんけど」
 赤高ナインが表彰式で受け取ったメダルを木村が見せてくれた。バットを構えた打者と年号をミットにあしらったデザイン。実は優勝チームに贈られたものと色も形も同じだという。
 2人の話では、当時は「甲子園出場」への関心は今ほど高くなく、選手たちは「目の前の相手に勝つか負けるか」ということに集中していた。「出場」と「不出場」の差を感じたのは大人になってからだ。
 木村「今でこそ、あのとき優勝しとったらな、思うけどね」
 高尾「甲子園出とったら、どうなっとったやろな」
 大甲子園の上に広がっていた青空は今も脳裏に焼き付いている。(文中敬称略)
 * * *
 「赤高ナイン熱戦譜」は今回で完結です。ご愛読ありがとうございました。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年1月1日・第2部(2168号) 3面 (15,741,623byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺