忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

ヘッドライン

小型家電を回収箱でリサイクル

小型家電を回収箱でリサイクル  携帯電話やゲーム機などに含まれる有用金属の再資源化を進めようと、赤穂市は1日、使用済み小型家電の回収ボックスを市役所、各地区公民館の計11カ所に設置した。国の補助制度を活用して6カ月間試行し、来年4月から本格実施する予定。 ・・・続き

写真あり [ 社会 ] 2014年10月02日 

「いじめの芽、見過ごさない!」創作劇で訴え

「いじめの芽、見過ごさない!」創作劇で訴え  生徒たち自身が演じる創作劇を通して、いじめ防止について考えるオープンスクール「いじめ追放の誓い」が1日、東有年の有年中学校(色波亨校長、79人)であり、「いじめの芽を見過ごさず、早めに摘み取ることが必要」と全校生徒に訴えかけた。 ・・・続き

写真あり [ 子供 ] 2014年10月01日 

救急WSの試行運用スタート

救急WSの試行運用スタート  救急隊員の知識と技術を高め救命率向上につなげようと、赤穂市消防本部は赤穂市民病院と連携して「救急ワークステーション(WS)」の試行運用を1日から始めた。派遣された隊員が病院内で医師や看護師などの指導の下、患者に対する質の高い処置を臨床実習する。 ・・・続き

写真あり [ 社会 ] 2014年10月01日 

相手の顔見て話せる関係を

相手の顔見て話せる関係を  スマートフォンや会員制交流サイト(SNS)の使い方をテーマにした全校フォーラムが9月30日に朝日町の赤穂東中学校(尼子勝義校長、413人)であり、生徒代表と教諭のパネル討論を通してサービスに潜む危険性や適切な使用方法について理解を深めた。 ・・・続き

写真あり [ 社会 子供 ] 2014年10月01日 

災害時福祉避難所協定に5施設調印

災害時福祉避難所協定に5施設調印  赤穂市は1日、市内で特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人4団体と、「災害時における福祉避難所として施設利用に関する協定書」に調印した。大規模災害が発生した場合、高齢者や障害者などを各法人の運営施設で受け入れ、災害関連死を防ぐ。 ・・・続き

写真あり [ 社会 ] 2014年10月01日 
Checkこのエントリーをはてなブックマークに追加

最新のコメント

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

携帯サイトQRコード

ケータイURLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。