忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤高ナイン熱戦譜
  3. 記事詳細

赤高ナイン熱戦譜(30)「ど真ん中」なのにボール

 2015年08月29日 
 赤高と滝川は前年(昭和28年)秋の県大会準々決勝でも対戦していた。このときも先攻は赤高で、滝川は後攻め。試合は2−2の同点で9回裏を迎えた。
 石橋はまだ高校に入学しておらず、マウンドには当時の主戦だった高尾が立っていた。カーブを中心に投球を組み立てていた軟投派右腕の高尾に対し、滝川の各打者はホームベースに覆い被さるように打席に立つ作戦をとってきた。右打者にカーブを投げれば全部デッドボールになるような位置。相手ベンチからは「当たれ!」と露骨に指示する声が飛んでいたという。
 木村「高尾はんの球は遅かったからなぁ。当たっても痛うない(笑)」
 高尾は相手の術中にはまる形で死球を連発して二死満塁。続く打者にもフルカウントまで粘られた。
 「開き直るしかない」という女房役の木村のサインに応じて、高尾は「ど真ん中のストレートを投げた」と言う。バッターが見送り、スリーアウト・チェンジで延長戦−と思った瞬間、主審は「ボール!」とコールした。
 押し出しでサヨナラ負け。納得がいかない高尾はグラブを外して地面に叩きつけた。翌日の新聞で「スポーツマンにあるまじき行為」と非難された。
 滝川はこの大会で準優勝し、翌春の全国選抜大会の代表校に選ばれた。滝川は赤高ナインにとって因縁の相手となった。(文中敬称略)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年8月29日(2150号) 3面 (10,830,156byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺