忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤高ナイン熱戦譜
  3. 記事詳細

赤高ナイン熱戦譜(25)対照的な応援席

 2015年07月18日 
討ち入り装束を身に着けた生徒が応援を率いた赤高側スタンド。3年前の市制施行で誕生した赤穂市旗も見える=正木孝樹さん提供
 1塁側スタンドには滝川ファンが詰めかけた。学校に近い板宿商店街からも忙しい中元商戦の最中にもかかわらず大勢の商店主らが足を運んだ。
 応援の中心は当時すでに創部25年の歴史があったブラスバンド部。「一打吐火滝川魂」「一球唯知天地心」と書いたのぼり旗の下、進軍ラッパや軍艦マーチなどを華々しく奏でた。
 一方の3塁側スタンドは遠路をトラック3台と汽車でやって来た約2000人が陣取った。義士衣装を着込んだ赤高生が日の丸の扇子を振り、大太鼓の音に合わせて音頭を取った。中原や高尾らと同級生の篠原明(79)=坂越=は討ち入り装束を着た一人。「60年も前のことやから細かいことは覚えてへんけど、わしだけやのうて何人か着とったな」。
 木村「あっちは華麗にトランペットでパパパパパー。こっちは太鼓でドンドンドン」
 対照的な応援が繰り広げられる中、1回表の赤高の攻撃は三者凡退。その裏、3日連続となるマウンドに上がった石橋は先頭打者をファーストへの小フライに打ち取った。バッターは直球に詰まったようで、しびれた手を振りながらダッグアウトへ戻っていった。
 「イシの球は走っとる」。キャッチャーの木村は、疲れが心配された一年生エースの調子にひとまず安堵した。(文中敬称略)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年7月18日(2144号) 3面 (11,967,486byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺