忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

赤穂緞通の生みの親 児島なか生誕200年展

 2023年11月18日 
 日本三緞通の一つに数えられる手織り敷物「赤穂緞通」を開発した女性の業績を偲ぶ特別展「児島なか生誕200年記念 赤穂緞通」が上仮屋の赤穂市立歴史博物館で11月18日(土)開幕。戦前に織られたさまざまな文様の作品のほか、図面や関連資料など約90点を展示。赤穂緞通の歴史と魅力を紹介する内容となっている。

6畳敷の大型緞通も展示=前期のみ=されている特別展「児島なか生誕200年記念 赤穂緞通」


 児島なかは文政6年(1823)11月に中村(現在の赤穂市中広)に生まれた。結婚後、夫婦で高松を訪れた際に見た「万暦氈(ばんれきせん)」と呼ばれる中国製緞通の精巧な出来映えに感動し、国産綿糸での製作に取り組む。20数年間の試行錯誤の末、明治3年(1870)に座布団大のほぼ完全な緞通1枚を織り上げることに成功した。一畳敷織の機を考案し、京阪方面に販路を開拓。赤穂緞通の営業化まで成し遂げた。

 その後は工場(今展へ向けた調査で現在の相生証券赤穂営業所がある場所と判明)を増設して大型の緞通も手掛けるなど発展させた。夫や長男に先立たれる中、孫を後継者として事業を拡大し、同23年(1890)の第3回内国勧業博覧会で3等有功賞を受賞。品質は高く評価された。翌年に緞通考案と殖産の功績で県知事より木盃を授与され、同36年(1903)10月17日に満80歳で生涯を閉じた。

 特別展では、なかの経歴や緞通を考案した経緯、児島家から緞通の製法を教わって明治天皇・皇后の御料車用に製品を納めた早川緞通工場について資料を基に紹介する。赤穂緞通コレクションのコーナーでは明治から昭和前期に織られた緞通を展示。児島家の工場で製作されたとみられる一畳敷(永應寺蔵)は織りの技術の高さがうかがえる。

 展示を企画した学芸員の木曽こころ係長は「児島家や赤穂緞通の歴史について新たに判明したこともあり、展示に反映させているので、そのあたりもご覧いただければ」と話している。

 来年1月23日(火)まで午前9時〜午後5時(入館は4時半まで)。12月20日に一部展示替え。水曜と年末年始は休館(12月13日と1月2・3日は臨時開館)。入館料300円(小中学生150円)。図録は1部1300円、一筆箋は1冊550円で販売する。TEL43・4600。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年11月18日号(2530号) 1面 (6,042,595byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

 印刷版紙面で会場の記載が欠落していました。編集時に確認が不足していました。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

0  4

投稿:赤穂民報 2023年11月18日

折込新聞を読みましたが、開催場所がわからずネット検索しました。

6  1

投稿:開催場所が 2023年11月18日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←赤穂民報(07/13)
  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←30代男性(07/13)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警