忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

「平常心で一本一本」全日本遠的弓道へ河本淳子さん

 2023年11月18日 
 弓道の第74回全日本遠的選手権大会(11月25・26日、東京・全日本弓道連盟中央道場)の女子の部に赤穂弓友会の河本淳子さん(65)=錬士5段、上郡町野桑=が初出場する。

初出場の全日本遠的選手権大会を前に稽古に集中する河本淳子さん


 60メートル先の的に矢を射て男女別日本一を決める大会。河本さんは8月の県予選で好成績を収め代表に選出された。同会所属の女子では第66回大会に出場した中村由季さん(32)に続いて2人目となる。

 「はかま姿に憧れて」大学から弓道を始めた。大学3年生のときには全日本学生東西対抗戦に西軍代表で出場した。結婚後にブランクをはさみ、子育てが落ち着いてから同会に入り競技を再開。地道に稽古を続け、今年6月に錬士の称号を得た。

 予選では「落ち着いて気持ちよく弓を引けた」と言い、全日本大会に向けても「一本一本集中して、手先でなく身体全体で引きたい」と平常心で臨む。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年11月18日号(2530号) 1面 (6,042,595byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂駅南ロータリーにイルミ設置 義士祭前夜と当夜に点灯←潮風遊子(12/11)
  • 海を隔てる柵撤去へ 県が赤穂海浜公園の再整備計画←S(12/09)
  • 山陽道の通行止め「15日ごろ解除」義士祭には間に合わず?←驚きの復旧工事に感謝(12/09)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警