忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

管楽合奏コン全国大会へ赤穂西中吹奏楽部 夏の雪辱果たす

 2023年10月30日 
 第29回日本管楽合奏コンテスト全国大会(11月4日、東京・文京シビックホール)の中学生A部門(16〜35人)に赤穂西中学校吹奏楽部が初出場する。24人の部員たちは「今できる精一杯の演奏を」と意気込んでいる。

 同コンテストの予選は、演奏している団体名を伏せて音源審査を行うのが特徴。過去の実績や知名度などに左右されない公平な審査により本選出場団体が決まる。9月の予選会で同部は最優秀賞を受賞し、全国大会出場35校の一つに選ばれた。

 今年7月の西播吹奏楽コンクールは金賞は受賞したものの、県大会の代表校からは落選。部員たちは演奏に手応えがあっただけにショックを受けたという。「このままでは終われない」と、西播大会で演奏した「鬼姫〜ある美しき幻影〜」の音源で日本管楽合奏コンテストへ応募。審査員から「音楽に説得力がある」「各奏者の音色、音程感が素晴らしい」「音の一つ一つ、フレーズの一つ一つに強い表現の意思を感じる」などと高評価を得て雪辱を果たした。

 「スター選手はいないけれど、練習にコツコツ忠実に取り組む素直さがある」と顧問の中村志保教諭。副部長の堀口華愛(はなな)さん(14)=3年=は「一日一日の練習を大切に積み重ねてきた」とこれまでの努力を自負する。

 部長の河原瑞季さん(15)=3年=によれば、目指す演奏の理想は「会場を包み込む豊かな音で人の心を震わせる」こと。副部長の元川莉心(りこ)さん(15)=3年=は「これまで頑張ってきたことを全部出し切りたい」と全国大会での好演を誓った。

初出場する日本管楽合奏コンテスト全国大会に向けて気持ちを一つにする赤穂西中学校吹奏楽部



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年11月4日号(2528号) 1面 (6,819,234byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

私も連合音楽会での素晴らしい演奏に本当に感動しました。
全国大会の結果もまた紙面でお知らせしていただきたいです。

2  0

投稿:市民 2023年11月02日

「えいちー」さん
≫赤穂民報さん、こちらに音源を載せて頂くことはできませんか?

 作詞や作曲の著作権があり、難しいようです。ご了承ください。

4  0

投稿:赤穂民報 2023年11月01日

素晴らしいですね。私は赤穂出身で中村先生とは高校の音楽部で一緒に頑張りました。今年の3月まで吹奏楽部の副顧問をしていましたので、とても嬉しく思います。頑張って来て下さいね。

3  0

投稿:Hiroe 2023年10月31日

連合音楽会で、初めて西中の演奏を聞かせて頂きました。
「鬼姫」素晴らしかったです。
中学生とは思えない見事な演奏に感動しました。
全国大会頑張って下さい。
応援しています。

赤穂民報さん、こちらに音源を載せて頂くことはできませんか?

5  1

投稿:えいちー 2023年10月31日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警