忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

バレーボールU14女子「日本一」目指す若鮎

 2023年09月16日 
 バレーボールの第26回全国ヤングクラブ優勝大会U14女子の部(9月30日・10月1日、大阪府立門真SC)に出場する「若鮎クラブ」のメンバーに赤穂市内4選手が選ばれた。「日本一」を目標に掲げ、健闘を誓い合っている。

昨年に続きバレーボール全国ヤングクラブ優勝大会に出場する若鮎クラブの=右から=安達萌生さん、宮地怜奈さん、米田胡々葉さん、苔縄幸伽さん


 ▽宮地怜奈さん(15)=城西町、赤穂中3年▽米田胡々葉さん(15)=中広、赤穂中3年▽安達萌生さん(14)=尾崎、赤穂東中2年▽苔縄幸伽さん(14)=南野中、赤穂中2年の4人。安達さんはセッターで他の3人はアタッカーだ。

 同チームは守備から攻撃へつなげる粘りのプレーで7月の県大会を全試合ストレート勝ちで連覇。初出場だった昨年に続き全国大会の代表権を獲得した。8月の近畿大会も優勝して波に乗る。

 昨年の全国大会は予選リーグは順当に勝ち抜けたが、決勝トーナメント1回戦で優勝したチームに敗れ、ベスト16に終わった。今シーズンは「今年こそは日本一」を合い言葉にレベルアップに励んできたという。

 全国大会へ向け、チーム最長身の米田さんは「コンビネーションで相手のブロックを振って相手コートにボールを落とす」と得点の場面をイメージ。宮地さんは「レシーブ力とアタックの決定力をさらに高めて日本一を目指す」と意気込む。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年9月16日号(2522号) 1面 (7,379,813byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←Y(02/24)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←役所(02/24)
  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←赤穂にいる事が心配(02/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警