忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント
  3. 記事詳細

伊能忠敬泊まった「止宿」どこ? 福浦で16日講演会

 2023年09月09日 
 江戸時代に全国各地を実測し、精密な日本地図を作った伊能忠敬(1745―1818)の播磨地方周辺での足跡を調べている研究グループがこのほど福浦地区を調査。伊能隊一行の宿泊地として記録が残る「百姓伊助」宅を探した。

「百姓伊助」宅を探して福浦地区を調査した高塚洋さん(左)と奥道一二美さん(右)


 伊能ら調査隊は1800年から17年間にわたり10回に分けて全国を踏査。1805年(文化2)に坂越、御崎、加里屋と福浦、09年と13年には東有年に宿泊したことが測量日誌に記されている。

 播磨地方における調査地点や宿泊先(止宿)を史料を基に丹念に調べ、今年4月に4冊目となる記録誌『伊能忠敬の夢を繋いだ播磨の止宿八十宿』を刊行した「ふるさとひょうご創生塾ご縁グループ」の高塚洋さん(79)=高砂市米田町=によれば、坂越、御崎、加里屋及び東有年の止宿は位置を特定できたが、福浦については「止宿百姓伊助」「此夜晴天測量」などと記載があるものの、具体的な場所は判明していない。

 調査には、地元の地域おこし団体「福浦ふっくらコットンボランティア」の奥道一二美さんが同行。「測量道具などの荷物の積み下ろしに便利で、天体測量を行うのに適したスペースがある場所」との高塚さんの見立てを基に条件に合う場所を探した。その結果、「断定はできないが、おおむね比定地を絞ることはできた」(高塚さん)という。

 奥道さんは、「あの伊能忠敬が福浦に来ていたという郷土の歴史を顕彰する機会にしたい」と高塚さんに講演を依頼。9月16日(土)午後1時半から福浦コミュニティセンターで「伊能忠敬in福浦〜百姓伊助さんを知りませんか?」と題して開催することになった。史料を読み解いた内容や現地調査でわかったことなどを話す。参加無料。問い合わせはTEL090・7357・1864(奥道さん)。

 同グループの記録誌は赤穂書房(Tel0791・42・2516)で1部2200円で取り扱っている。



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年9月9日号(2521号) 1面 (5,843,952byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 御崎で熊1頭の出没情報 警察が注意呼び掛け←クマさん(04/22)
  • ワクチンCC不正疑惑 「作業実態ない事務局」賃料請求か←赤穂市民(04/22)
  • 御崎で熊1頭の出没情報 警察が注意呼び掛け←マタギ(04/22)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警