忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

お寺で読書とひとやすみ「人生の休憩所」

 2023年09月09日 
 静かに時間が流れる空間で読書などしながら人生に向き合えるひとときを提供しようと、坂越の妙道寺(坂越1444、坂越まち並み館隣り)で9月17日(日)と18日(月・祝)、絵本や随筆などの書籍を貸し出す「人生の休憩所―静詠(しずよみ)」が2日間限定で開設される。

「人生の休憩所―静詠(しずよみ)」の会場となる坂越の妙道寺と主催の中西壮さん


 慶応大学通信課程の文学部哲学科で学ぶ中西壮さん(22)=加里屋=と他大学の学生仲間でつくるグループ「むつろみ」が主催。「心を豊かにする本」をコンセプトにメンバーたちが選んだおすすめの約100冊を貸し出し、来場者は本堂や縁側で読むことができる。また、地元店舗の協力でコーヒー牛乳やミルクセーキなどのドリンクを提供(有料)するほか、読書の合間の息抜きに竹とんぼやシャボン玉といった昔遊びも用意。レトロで穏やかな雰囲気をかもし出す。

 思春期に人間関係に悩み、一時は人に会うことに恐怖を抱えたという中西さん。コロナ禍で在宅時間が増えた中、読書三昧の日々を過ごしながら自己の内面を見つめ直した。ある本で目にした「悪があるから善がある」という言葉に「善と悪、二者択一ではなく、相補いながら同時に物事を作っているんだ。要はバランスなんだ」と気付き、心が楽になったという。

 社会復帰した中西さんは神戸市内の会員制ビジネス交流拠点「アンカー神戸」に登録し、さまざまな立場や職業、価値観の人たちから前向きな刺激を受けた。「自分に出来ることは何か」と自問して見つけたのが、「経験を活かして、人の心に寄り添える静かで温かい時間と空間を提供したい」という答えだった。

 アンカー神戸で知り合った同世代のメンバーとグループを結成。「人生の休憩所」の常設を目指してプロジェクトを企画した。試行イベントの第1弾となる今回の会場に「地域が培ってきた文化や生活の匂いといった人と自然の温もりがある」(中西さん)として坂越を選び、妙道寺の楠千之住職に飛び込みで会場使用を依頼したところ二つ返事で許可をもらえた。イベント情報とともに地域の魅力もSNSで発信する狙いもあり、赤穂市が観光イベントの開催費用を補助する対象事業にも採択された。

 「自分が立ち直れたのは、一度立ち止まる時間と空間があったから。『無駄』と思われがちな『ゆっくり考えること』が必要だった」と中西さん。「自分の経験と想いが、同様の悩みを抱える人たちに共有されれば幸いです」。

 両日とも午後1時〜6時開催。入場料(当日券)500円(境内、本堂縁側は無料)。ウェブサイト(https://chakeo123.github.io/muturomitest2/)で前売り券販売中。問い合わせはTEL070・2324・1359。

 インスタグラムはhttps://instagram.com/mutsuromi._6263?utm_source=qr&igshid=MzNlNGNkZWQ4Mg%3D%3D



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年9月9日号(2521号) 1面 (5,843,952byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警