忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 事件・事故
  3. 記事詳細

古池の市道沿いで土砂崩れ 「ゆらのすけ」一部区間運休

 2023年07月14日 
 7月14日正午ごろ、赤穂市福浦の市道八軒家古池線で、道路沿いの山の斜面に張られた落石防護ネットの内側に土石がたまっているのを市内循環バス「ゆらのすけ」の運転手が見つけた。

土砂崩れで道幅が狭まっている市道八軒屋古池線


 「ここ数日の雨で地盤が緩んだことによる土砂崩れが発生したのではないか」(市土木課)とみられ、市は「ゆらのすけ」東西ルートの現場区間を同日午後から運休した。

 同課によると、土砂崩れは幅約13メートルにわたって発生し、たまった土石でふくらんだ落石防護の金網が市道を3分の1ほどふさいでいる状態。今のところ、普通車が1台通行するには支障はなく、通行止めの措置はとっていない。7月18日から復旧工事に取りかかる予定で、完了時期は調整中。

 市内循環バスを運行するウエスト神姫赤穂営業所の話では、14日午前7時40分過ぎにこの日の第1便が現場を通行したときは異常はなかったという。

 この影響で「ゆらのすけ」東西ルートは当分の間、二軒屋停留所で折り返し運行となる。
<前の記事


コメント

万が一、完全に通行出来ない事態になれば備前市日生寒河経由の大きく迂回するルートしか無いですね。

2  0

投稿:迂回路 2023年07月17日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←赤穂民報(07/13)
  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←30代男性(07/13)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警