忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

パワリフ界の「女王」27度目全日本優勝 MVPは25年連続

 2023年06月10日 
 バーベル3種目の合計で競うパワーリフティングの第47回全日本女子選手権大会(5月20・21日、沖縄市体育館)女子47キロ級で、若草町の福島友佳子さん(52)が26年連続27回目の優勝。「女王」の貫禄を見せつけた。

パワーリフティングの全日本女子選手権で26年連続27回目の優勝と25年連続MVPに輝いた福島友佳子さんとセコンドの夫和文さん


 スクワット192・5キロとデッドリフト173・5キロは、いずれも自身の日本記録を更新。ルール変更で判定基準が厳しくなったベンチプレスでも127・5キロをマークした。計9回の試技すべてを「白3本」のパーフェクトでクリアし、トータル493・5キロは5年前に記録した自己ベストにあと3キロに迫る好記録。25年連続となるMVP(文部科学大臣杯)を受賞した。セコンドの夫和文さん(56)も男子83キロ級(50歳代の部)で2位になり、夫婦揃ってメダルを獲得した。

 22年間暮らした東京から赤穂へ移住して2年半。練習拠点の「パワーハウス赤穂」でインストラクターとして勤務しながらトレーニングする環境に慣れ、限られた時間で効率よく練習するサイクルが整ってきたという。今大会前は「もう一度、基礎から」とベースとなる筋力アップに取り組み、好調な状態で会場に乗り込んだ。

 「今回は心技体が揃った、めったにない良い状態で出場できました」と福島さん。次の照準は11月にリトアニアである世界選手権。「まずはけがをしないこと」とコンディションの維持に努め、3年連続8度目の金メダルを狙う。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年6月10日号(2510号) 1面 (6,400,245byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 過去最大規模の263・1億円 赤穂市2024年度当初予算案←服部武雄(02/21)
  • 綿栽培通して「人間サイズのまちづくり」兵庫県から奨励賞←赤穂民報(02/19)
  • 全日本社会人ボクシング準優勝 高野の尾上海斗さん←近藤 卓(02/19)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警