忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

加里屋中継ポンプ場 もう1基の主ポンプも故障

 2023年05月20日 
 2基あるメインポンプのうち1基が2年前に故障し、仮設ポンプで代用している赤穂市の下水道施設「加里屋中継ポンプ場」で、もう1基のメインポンプも壊れて動かなくなっていることが17日の市議会建設水道委員会協議会で明かされた。

メインポンプが2基とも故障した加里屋中継ポンプ場


 施設全体の排水能力が本来の65%程度まで低下した状態で、市は「早急に仮設ポンプを設置する」としている。

 同施設には元々スクリュー式のメインポンプ2基(各毎分17立方メートル)と水中式の予備ポンプ2基(10立方メートル、15立方メートル)の計4基があり、施設全体の排水能力は毎分59立方メートル。2021年4月に一方のメインポンプが故障し、修繕が完了するまで小型の仮設ポンプ5基(1基2・6立方メートル)で補っている。

 市によると先月25日、もう1基のメインポンプの故障を知らせるアラームが鳴り、ポンプの軸受けと本体の破損が判明。メーカーから「修理不能」と告げられた。それ以降は予備と仮設のポンプしか稼働できない状況で、排水能力は合計38立方メートルとなっている。

 スクリュー式ポンプの更新には少なくとも1年以上の期間がかかるとみられ、市は故障したメインポンプと同等の排水能力を持つ仮設ポンプを発注しようと準備しているが、それでも「メーカーによる受注生産のため3〜4か月かかる」という。そのため、まずは市が保有する別の仮設ポンプ(12立方メートル)を今月末までに設置する考え。それにより、施設全体の排水能力を本来の85%まで回復できる。

 同施設は汚水を下水処理センターへ送るための中継施設で市内下水処理区域の74%をカバー。同課によると、年1回の年次点検、2か月に1回の定期点検のほかに毎週2回の日常点検を実施しているが、いずれも「異常は確認されなかった」という。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年5月20日号(2507号) 1面 (5,077,063byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警