忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 事件・事故
  3. 記事詳細

誤った部位に注射し後遺障害 1500万円で和解へ

 2023年02月25日 
 赤穂市は24日、ワクチンの注射針を誤った部位に刺したことによって腕に後遺障害が生じた医療ミスが赤穂市民病院であり、被害者の市内在住50代男性に解決金1500万円を支払うことで和解する見込みとなったと発表した。

誤った部位に注射針を刺したことによる医療ミスがあった赤穂市民病院


 病院によると、2016年11月に同病院健診センターで左腕にインフルエンザワクチン接種を受けた男性が左ひじ関節付近に痛みとしびれを訴え、翌年1月になっても改善がみられないと申し出があった。

 調査した結果、神経が複雑に走っている部位に針を刺したことによる神経損傷の可能性が判明。医療事故調査委員会は開かず、月1回定期開催している医療安全推進委員会(同年3月15日)で「刺針を行った部位に誤りがあったことは明らかであり、過失は免れない」として医療過誤と認定したという。

 男性の症状はその後も悪化し、19年9月に別の医療機関で複合性局所疼痛症候群(CRPS)と末梢神経障害性疼痛の後遺障害と診断された。現在も左上肢の強い痛みと左手指を開けない状態が続いているという。

 病院はミスの原因を「手技的な過失があった」とし、接種を担当した看護師に対し、接種に適した部位を指導する再教育を行ったほか、院内に事案を周知して再発防止を図ったという。

 医療事故調査委員会を開催しなかった理由は「医療事故報告書が提出された時点では、医療事故レベルは『レベル3b』(事故により濃厚な処置や治療の必要性が生じた場合)で、当時の規定では事故調を開く必要のないレベルだった。後に神経損傷の可能性や後遺障害が判明したが、レベルを付け替えることはない」(医療課)としている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年2月25日号(2497号) 2面 (8,452,937byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

もう7年前の事故ですよね?
2016年11月注射
2017年1月患者から申し出
2017年3月医療過誤認定
2019年9月別の医療機関で後遺障害認定
2023年2月現在も強い痛み
この間、市民病院がどう対応していたか記事の中に見えません。
2017年3月に医療過誤認定しておきながら、なぜ別の医療機関で後遺障害診断なのか。
そこらが全く読み取れないです。
ひょっとして、市民病院が男性からの申し出に最初はゴネて、別の医療機関の診断で外堀が埋められたから、今になって和解になったのではないんですか。
報道する以上は、もう少し読者が気になる部分をしっかり取材してほしいです。

14  5

投稿:市民 2023年02月26日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院医療事故多発》議事録に個別検証の記載なし←赤穂市民(03/20)
  • 《市民病院医療事故多発》議事録に個別検証の記載なし←太郎(03/20)
  • 《市民病院医療事故多発》議事録に個別検証の記載なし←赤穂民報(03/19)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合