忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ子供
  3. 記事詳細

東京五輪出場の柔道家、金知秀さんが少年団指導

 2023年02月20日 
 2021年の東京オリンピック柔道女子57キロ級に韓国代表で出場した金知秀(キム・チス)さん(22)=山梨学院大学4年=がこのほど赤穂柔道スポーツ少年団を訪問。子どもたちに技を指導した。

赤穂柔道スポーツ少年団で子どもたちを指導する金知秀さん


 姫路市出身の金さんは小学1年で柔道を始め、県内各地の道場へ積極的に出稽古。小6まで赤穂にも毎月のように訪れ、年上選手の胸を借りたていたという。柔道強豪校の香長中(高知)から夙川学院高へ進み、インターハイや全国高校選手権で優勝。大学生になってからも国際大会でメダルを獲得するなど実績を積み上げ、五輪代表の座をつかんだ。

 同少年団が兵庫県少年柔道大会(2月11日、グリーンアリーナ神戸)で過去最高の3位になった祝福を兼ねて来穂。東京五輪で着用した柔道着で登場した金さんは、昨年の全国中学総体女子63キロ級3位の妹の智賢(チヒョン)さん(15)=奈良・五條東中3年=をパートナーに組手の模範を示し、技をコーチした。

 小2の誕生日のプレゼントに父が自宅に道場を建ててくれたときからオリンピックを目指したという金さんは「最初は『夢』だったけれど、努力を続けるうちに『目標』となり、実を結んだ。私は次のパリ五輪で金メダルを目指すので、みなさんも目標を立てて頑張って」と呼び掛けた。

 同少年団の指導者で、小学生だった金さんの練習相手を務めた砂子の北山佳奈さん(36)は「子どもの頃からチャレンジ精神とやる気がすごかった。本当にオリンピック選手になってすごい」と成長を称え、乱取りで金さんから直接指導を受けた上仮屋北の池田一賀(いちか)君(10)=城西小4年=は「僕も目標を持って練習を頑張る」と発奮した。

赤穂柔道スポーツ少年団の子どもたちと記念写真に収まる金知秀さん=前列中央。右は妹の智賢さん



<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警