忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 子供
  3. 記事詳細

「笑い文字」で四十七士 義士衝立を寄贈

 2022年07月28日 
 丸みのある文字に笑顔のイラストを組み合わせた「笑い文字」と呼ばれる書体で赤穂義士の名を書いた衝立が城西小学校(河本学校長)にこのほど寄贈された。

ますもとにこさん=右端=から城西小学校に寄贈された赤穂義士の笑い文字衝立


 衝立は今年4月、一般社団法人笑い文字普及協会認定上級講師のますもとにこさん(45)=三田市=が御崎の旅館「潮彩きらら 赤穂温泉 祥吉」で開いた個展に出品したオリジナル作品「赤穂」。浅野内匠頭と四十七士全員の名を一人ずつ笑い文字で書し、六曲の衝立に仕立てている。

 ますもとさんから「赤穂の子どもたちにプレゼントしたい」と申し出を受けた祥吉の吉井祥二社長(50)が、6年生による忠臣蔵劇「子ども義士物語」を毎年上演するなど郷土史学習のテーマに「赤穂義士」を取り入れている同校に仲介した。

 1学期の終業式があった20日に贈呈式があり、同校は寄贈された衝立を忠臣蔵劇の舞台で使用するなど活用する予定。児童代表が「城西小学校の宝物にします」「ますもとさんにも『子ども義士物語』を見てほしい」と感謝を伝えた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年7月30日号(2471号) 4面 (12,259,950byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 城西地区 ]  [ 子供 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←Z世代(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←血税(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←主体性なきや(09/25)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合