忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社説
  3. 記事詳細

【社説】あまりに多い疑問点 病院はただちに釈明を

 2022年06月04日 
 赤穂市民病院の医療事故問題は、患者と家族が提訴した民事裁判の過程で徐々に全容が明らかになりつつある中、新たな謎や疑問が数多く生じている。以下、主なものを羅列する。

連続医療事故に端を発し、医療安全体制の問題が噴出している赤穂市民病院


 (1)2019年10月にドリルを用いた手術で医療事故が起きた後、病院はどのような再発防止策を立てたのか。同じ医師が再びドリルで事故を起こすまでの約3か月半の間に、病院はどのような研修や指導を行ったのか。

 (2)同事故を外部検証した日本脊髄外科学会の役員は「硬膜損傷の原因は、稚拙で荒いドリル操作につきる」とドリル操作と損傷との因果関係を明確に指摘したのに、なぜ、病院は「医療過誤ではない」と判断したのか。事故調査委員会を開かずに、どうやって判断したのか。

 (3)同事故について脳神経外科が提出した検証結果報告書に虚偽の内容を記載したのは事実なのか。事実だとすれば、病院は関係者の処分を行ったのか。

 (4)科長は科内で合議した検証結果報告書の作成にも関わっていたはずなのに、なぜ、別紙で異論を提出する方法を選択したのか。検証結果報告書と内容の異なる文書が科長から提出された中、病院はどのように事実認定を行ったのか。なぜ、その時点で事故調査委員会を開かなかったのか。

 (5)日本脊髄外科学会の役員が検証した3件以外の医療事故について外部検証を行わなかったのはなぜか。外部検証を実施するかどうかの判断は誰が、どのような理由で行ったのか。

 (6)藤井隆院長(当時)はなぜ2020年3月1日のタイミングで医師に手術禁止処分を下したのか。もっと早い段階で処分を検討しなかったのか。

 (7)医療事故8件とも外部検証を行ったかのような内容のニュースレポートを公表したのはなぜか。

 (8)医療過誤を認めたにも関わらず、2020年1月の医療事故を警察に届け出なかったのはなぜか。院長は届け出を指示したのか、しなかったのか。

 (9)一連の医療事故について、患者や家族への説明は十分に行われたのか。

 これらは、いずれも赤穂市民病院の医療安全に関する重大な問題であり、患者や市民に説明されるべき事柄だが、病院はこれまで、一連の医療事故に関するほとんどの取材質問に対し、係争中であることを理由に答えていない。

 同病院の代理人弁護士は今年3月の記者会見で「法的に禁じられているということはない」と述べている。つまり、「係争中」を口実に隠蔽を続けているに過ぎない。

 病院はいつまで患者や市民を置き去りにするのだろうか。少なくとも裁判で公になった事柄については、ただちに記者会見を開くなどして市民に釈明すべきだ。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】別の手術でもドリルで脊髄損傷「ありえない操作」病院は過誤否定
【関連記事】検証報告に虚偽記載「科内で合議」
【関連記事】外部検証は3件のみ 他5件は「身内」で判断
【関連記事】医療過誤事案 警察に届けず
【関連記事】さらに医療事故3件 計11件に
【関連記事】手術禁止処分後にも医療事故
【関連記事】事故調の不開催を認める
【関連記事】医療過誤で重度障害 同一医師で事故8件(2021年09月18日)


掲載紙面(PDF):
2022年6月4日号(2464号) 3面 (9,638,423byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社説 ]


コメント

問題が多過ぎてコメントし難いです。正直、僕はここまで酷い内容の医療事故が連発していると思ってなかったので、まずそこにショックを受けました。それから、病院の対応が非常にまず過ぎたために訴訟に至ってしまったのは明らかだと思います。裁判を起こされなかったら全て闇に葬り去るつもりだったのでしょうか?係争中を理由に逃げず、説明責任を果たすべきだと思います。

16  11

投稿:K 2022年06月04日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「仕事のやりがい伝えたい」自動車整備の体験授業←クローバー(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←おじさん(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←とんび(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合