忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社説
  3. 記事詳細

【社説】これ以上医療過誤患者と家族を苦しめるな

 2022年12月17日 
 12月8日の市議会一般質問で、あるブログについて質疑があった。「市民病院医療過誤記録 母の医療過誤に関する真実と家族の日記」というタイトルのブログだ。

 2020年1月に脳神経外科の手術で医療過誤に遭い、両足などに重度の障害がのこった患者(現在も赤穂市民病院に入院中)の家族が病院での出来事や病院側との日々のやり取りを綴っている。

 例えば、先月10日の投稿。「『病院側から具体的な金額提示を伴う和解案の提示を受けたにもかかわらずこれに納得せず、訴訟提起に至った』という誤った噂を流され、未だに『病院が提示した金額に納得できなかったと噂で聞きましたけど違うんですか?』等と聞かれます。」とある。

 患者家族によると、具体的な金額提示を伴う和解案が一度も提示されていないことは病院側の顧問弁護士にも確認済みだという。にもかかわらず、まるで患者側が賠償額が不満で裁判を起こしたかのような誤った情報が一部の病院職員から流布され、強い精神的苦痛を感じているという。

 また、先月21日の投稿。「母を精神病院へ転院させるため、事実上の追い出し作戦会議が上層部によって開かれたことを実際に会議に出席した病院関係者から直接お聞きしました。詳細についての記載は控えますが、内容は家族として、娘として聞くに堪えないものでした。患者側には一切告げず、後日、上層部自ら〇〇病院(精神科)の〇〇医師へ転院の打診を行いました。しかし、入院適応外との理由で断られたそうです。」

 「主治医より『院長と看護部長が病棟に来られて、家族さんへ退院の方向で説明するようにと命令されたので電話しました。上層部の命令には逆らえませんので…』という趣旨のお電話がありました。その後、主治医に確認したところ、『看護部長(副院長)さんから〇〇さん(母)を早く退院させるよう強い口調で何度も命令を受けているのは事実です』とのことでした。」

 患者は医療過誤の後遺症で激痛や膀胱障害も生じており、鎮痛剤の点滴が欠かせないほか、膀胱にカテーテルを入れて尿を排泄する導尿も必要で自宅での介護が困難な状態となっている。そんな中、精神病院への転院や半ば強制的な退院を強行しようとした病院の姿勢に、患者家族はブログで「母をまるで精神異常者のように扱い、患者側の同意も得ずに全く責任のない他の病院へ押し付けようと陰で画策する等の行為は、事故の責任を放棄しようとしているようにしか見えません」と悲しみを訴えている。

 一般質問では中谷行夫議員、家入時治議員がこの問題を取り上げた(本記事下のリンク「2022年第4回定例会一般質問の主なやり取り」参照)。

 病院当局は「ブログをされているということは承知しているが、内容については承知していない」と答弁し、投稿内容が事実かどうか明らかにしなかった。議員からの「患者への誹謗中傷の有無を調査しないのか」との問いには「調査するかどうか、この場で申し上げることができない」と答弁した。

 患者が医療過誤に遭ってから来月で丸3年になる。「なぜ医療過誤が起きたのか、真実を知りたい。防げたはずの医療事故を二度と起こしてほしくない」などといった思いで患者側が提起した民事裁判は、原告である患者側が今年2月に求めた証拠書類(医療事故の原因究明と再発防止策のために開いたとされる検証会議や院内医療事故調査委員会の議事録)の提出を被告の病院側がいまだに拒否し続けているため進行が停滞している。

 病院は今年6月の謝罪会見で「裁判の長期化を回避することで原告の負担の軽減を図ることができるのではないか」などと発言した。その言葉が偽りでないのなら、言行不一致をやめて一刻も早く証拠書類を提出すべきだ。これ以上、被害患者と家族を苦しめてはいけない。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】2022年第4回定例会一般質問の主なやり取り


掲載紙面(PDF):
2022年12月17日号(2488号) 4面 (5,717,223byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社説 ]


コメント

医療過誤被害者の遺族です。

医療過誤は本当に多いと思います。ただ表に出ないだけ、出せないのです。刑事訴訟になって起訴されれば表に出ますが、医療過誤ではほぼ無理だと思います。この様に、医療過誤被害者の苦悩について踏み込んで報道機関に取り上げていただければ、救われる方も多いと思います。

あと多くの医療過誤被害者や家族が経験することだと思いますが、被害にあったとき、本当に誰も守ってくれないです。そして、私は父を医療過誤で亡くしましたが病院側の対応は本当に酷いもので、何度も何度も殺される思いをしてます。被害者の多くは、このような思いをして結局全く報われず、救われずに終わることが多いと思います。この事実を多くの方に知っていただきたいです。

45  9

投稿:ある医療過誤の被害者遺族 2022年12月30日

前の方のコメントについて。

特定の病院の個別の問題と言ってしまえば、確かにそうなのかもしれません。
しかしながら医療事故(過誤も含む)は可視化させていないだけで、どのような病院施設でも起きる可能性がありますし、実際に全国では結構な頻度で起きています。
こういったことから、交通事故同様、明日は突然我が身に降り掛かるかもしれない問題でもあります。
そして赤穂民法さんが問題視しているのは、医療事故発生後の極めて不誠実な病院の対応の在り方なのだと思います。
先の方のコメントは、逆に病院を擁護するかのようです。そのようなことを申されるのであれば、ご自身が医療事故被害に遭われた際、極めて不誠実な対応をされても口外しないことをお約束いただきたい。

51  17

投稿:非地元民 2022年12月29日

特定の病院の特定の問題、しかもブログについて社説を書くのは不適切だと思う。
赤穂民報が他の特定の病院に肩入れしていると判断されても仕方がない。

40  110

投稿:赤穂の人 2022年12月22日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • ワクチンCC不正疑惑 「作業実態ない事務局」賃料請求か←まる(04/20)
  • ワクチンCC不正疑惑 「作業実態ない事務局」賃料請求か←納税者(04/20)
  • 不正請求などで就労継続支援事業所の運営法人を行政処分←太郎(04/20)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警