忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社説
  3. 記事詳細

【社説】認定停止を真摯に受け止め即刻対応を

 2022年09月03日 
 赤穂市民病院が日本脳神経外科学会から「専門医訓練施設」の認定を停止された。

 専門医になるためには、医師国家資格に合格後、2年間の初期臨床研修を経て専門の診療科へ進む「専攻医」となり、所定の研修プログラムを修了する必要がある。その研修プログラムを実施できるのが、学会が認定した「専門医訓練施設」だ。

 学会は認定停止の理由として「医療安全管理体制に安全教育上の重大な懸念事項がある」「訓練施設として整備されるべき医療安全管理体制に明らかに不備が認められる」などと指摘している。平たく言えば、医療安全管理が杜撰で専攻医の研修を任せられない、ということだろう。

 また、一連の医療事故について「検証」した記録として病院から提出された資料を確認した上で「議事録などの必要記録も適切ではない」「サイトビジット(現地調査)をするレベルの段階でもない」と厳しく断じ、「医療安全体制の整備や一連の医療事故の問題点総括が完了し、その対応策が確実に実行されていること」を認定再開の条件としている。つまり、いまだに医療安全体制の整備も一連の医療事故の問題点総括も完了できていないと学会から烙印を押されたことになる。

 一連の医療事故をめぐっては、本来は事故発生後に速やかに開くべき医療事故調査委員会が当時の院長判断によって設置されず、約2年以上が経過してようやく今年2月24日と3月11日に開かれた。学会から情報提供を求められた昨年12月から検証を始めたとしても時間は十分あったはず。にもかかわらず学会が求める水準に達していない記録しか出せずに認定停止を招いた失態の責任は誰が取るのだろうか。

 学会は認定再開を検討する方法として、「関連する資料(インシデント・アクシデントの報告件数の推移や、事故調査委員会の開催実績など)の提出、必要に応じてヒアリング等で検討する」と赤穂民報の取材に回答した。医療事故隠しや形だけの事故調が行われていないかチェックした上で判断するものとみられる。

 もし、このまま専門医訓練施設を外れた状態が続けば、「指導医を置く必要がない」として大学医局が医師の派遣を引き揚げ、診療科の縮小や廃止に至る恐れもないとはいえない。そのような事態を招かないよう、赤穂市民病院は学会の措置を真摯に重く受け止め、今度こそ正面から「問題点の総括」と「対応策の実行」に即刻取り組むべきだ。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年9月3日号(2475号) 3面 (10,436,044byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社説 ]


コメント

赤穂市民病院で働かれている方やそのご家族にとっては死活問題に発展しかねないわけですから本当にお気の毒に思います。もしかすると今回のことも寝耳に水だったのかもしれません。でも、赤穂市民として一番困るのは安全な医療を提供していただけないことです。今の赤穂市民病院は安全ではないと外部機関から判断され専門医訓練施設の認定を停止されたわけですよね?私には病院が真摯に重く受け止めて、すでに取り組みを始めているようにはどうしても思えません。まずは、赤穂市民病院として今回の認定停止に至った経緯の説明義務を果たしていただきたいと思います。

4  0

投稿:あこう 2022年09月05日

ー赤穂市民病院はすでに取り組み始めていると思います。

私もそう期待しますが、それならそれで、どういう取り組みを始めているのか、市民に向けて説明があってしかるべきではないでしょうか。

「一連の医療事故について「検証」した記録」を学会に提出してダメ出しされたということなので普通に考えたら検証のやり直しから取り組まないといけないのでは?

24  9

投稿:はてな 2022年09月05日

赤穂市民病院は学会の措置を真摯に重く受け止め、今度こそ正面から「問題点の総括」と「対応策の実行」に即刻取り組むべきだ。
とありますが、赤穂市民病院はすでに取り組み始めていると思います。赤穂市民病院を一方的に責めるような記事を続ければ、その世論にわたしたち赤穂市民も誘導されていくと感じます。
赤穂市民病院がなくなれば、1番困るのはわたしたち市民ではないでしょうか?赤穂市民病院をもっと応援していくような姿勢での記事もお願いしたいと思います。

19  19

投稿:あかう 2022年09月04日

民報さん、わかり易く解説してくれてありがとうございます。社説を読まずに次の記事を読んでしまったのでモヤモヤしていました。やっと理解できたような気がします。理解できたら今回の件が僕が思っていた以上に大変な事態なんだと認識できました。日本脳神経外科学会から烙印を押され、赤穂市民病院は一体どのように受け止めているのでしょうか。気になるところです。

21  8

投稿:K 2022年09月04日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「仕事のやりがい伝えたい」自動車整備の体験授業←クローバー(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←おじさん(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←とんび(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合