忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

「前例とらわれず」「スピード感」牟礼氏が施政方針

 2022年02月22日 
任期4年目の施政方針を述べる牟礼正稔市長
 牟礼正稔市長は22日、第1回定例会で2022年度の施政方針を発表した。

 人口減と少子高齢化、自然災害や長期化する新型コロナ対策など大きな課題がある中、「前例にとらわれない柔軟な発想とスピード感を持って、山積する多くの課題に全力で取り組んでいく」と現任期の最終年度に懸ける意気込みを述べた。

 牟礼氏は昨年策定された「2030赤穂市総合計画」に掲げた▽安心▽快適▽元気▽人の4本柱に沿って主要施策の概要を説明した。

 学校給食費については、第3子以降の無償化を継続するのに加え、「食材費の高騰による給食費単価の改定分を補填する」とした。

 新型コロナ対策では、「希望される方々が3回目のワクチン接種を早期に受けられるよう取り組む」とした。

 経営検討委員会の提言を受けて公立病院として存続する方針を決めた病院事業については、「地域医療機関との連携強化等による収入の確保や経費の削減による費用の抑制などに努め、提言のあった経営改善策について、できるところから積極的に取り組む」などと表明。「一般会計からもできる限りの支援を行っていきたい」とした。

 国道250号高取峠については、「市民の悲願でもあるトンネル化の要望と局所的な交通事故防止対策についても要望していく」と述べた。

 西有年と福浦でそれぞれ民間事業者が建設を計画する産業廃棄物最終処分場については、前年度と同様に「反対の立場でその動向の把握に努め、議会をはじめ関係自治体、産業廃棄物最終処分場建設反対赤穂市民の会等と連携し、適切に対応」とした。福浦の計画については新たに産廃処分場以外への利活用を検討し、土地所有者へ提案する考えを示した。

 議場で傍聴した男性は「傍聴者には資料が配られないので発言内容を把握するのが難しかった」と感想を話した上で、「行政と議会が緊張感を持って赤穂市の発展に取り組んでほしい」と希望した。

 施政方針の全文は市ホームページで見ることができる。
<前の記事
[ 政治 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←あこう(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←赤穂市民(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←市民(06/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合