忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会事件・事故
  3. 記事詳細

《市民病院医療事故多発》病院が一部事実関係を公表

 2021年12月18日 
医療過誤問題の一部事実関係を公表した赤穂市民病院
 赤穂市民病院(藤井隆院長)に在籍していた脳神経外科の男性医師による手術ミスで重度の障害がのこった患者と家族が同病院を相手取り損害賠償を求める民事訴訟を提起した医療過誤問題について、同病院は17日、事実関係の一部を認める広報文を発表した。

 しかし、問題の詳細に関しては「係争中であり、内容を開示していない」として明らかにしていない。

 発表は「現時点でお答えできる事実関係」として、▽診療科は脳神経外科▽男性医師は2019年7月に着任し、2021年8月に退職▽病院として医療過誤を認めている▽同じ医師が関わった手術のうち、別の7件の事故報告があり、外部有識者の検証を受け検討し、医療過誤ではないと判断した▽男性医師に対して2020年3月から手術を禁止した▽損害賠償請求額は約1億1500万円ーと認めた。

 患者と家族は今年8月下旬に赤穂市と男性医師を提訴。この問題について、赤穂民報は提訴前の8月中旬から病院に取材したが、病院は「争訟になる可能性がある」などとして内容を明らかにしてこなかった。こうした病院の姿勢について原告の患者家族は「赤穂市民病院が、医療事故発生後に速やかに事実を公表していれば、その後の事故は起きなかったはず」と批判している。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】16日に弁論準備手続 問われる過失責任
【関連記事】医療過誤で重度障害 同一医師で事故8件


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←坂越住み(11/27)
  • トライアル細野店 ピーク時の来店試算「271台」←なんかなー(11/26)
  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合