忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

議員団が産廃処分場計画地を視察

 2021年08月01日 
市内の管理型産廃処分場計画地を視察した議員団
 赤穂市議会は7月30日、市内で管理型産廃処分場の建設を計画する民間事業者の所有地2か所を視察。18議員全員が参加した。
 福浦では「兵庫奥栄建設」(神戸市灘区)が採石場跡地に25年間で約204万立方メートル分の焼却灰を積み上げる処分場を計画。西有年では「東洋開発工業所」(大阪府豊能町)が千種川水系・梨ヶ原川の源流にあたる谷間をがれき類や汚泥など約302万立方メートル分で埋める処分場を計画している。
市議会は2015年に「産業廃棄物最終処分場建設に反対する都市宣言」を決議しており、計画地の視察は2018年以来。今春の選挙で新たに当選した議員も含めて情報を共有しようと、議員研修として3年ぶりに実施した。
 西有年では隣接する備前市側から計画地を臨んだ。議員らは地図と照らし合わせながら計画地の面積の大きさを確認。帰途には梨ヶ原川から安室川、千種川へと続く水の流れも確認した。
初めて現地を見た新人議員は「数字から想像していたよりも、はるかに大きな規模に驚いた」「産廃処分場からの浸出水が最終的には千種川に流れてくることがよくわかった」などと感想。山田昌弘議長は「現場を見ることで情報を共有できた。今後の議会活動に活かしたい」と語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年8月7日号(2427号) 1面 (5,334,492byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市内小学校で運動会 4年ぶりに全学年合同←バンザイ(06/05)
  • 市内小学校で運動会 4年ぶりに全学年合同←私も写っている一人(06/05)
  • 市内小学校で運動会 4年ぶりに全学年合同←世の中(06/05)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警