忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

「宮前桜」2世苗 2本が生育

 2021年04月23日 
ポットから植木鉢へ植え替えられた宮前桜の二世苗
 道路拡幅に伴い、尾崎の宮前児童遊園で伐採撤去されたソメイヨシノを挿し木で残した二世苗が生育し、このほどポットから植木鉢に植え替えられた。このまま順調に育てば、1年後に定植できる見込みという。
 赤穂八幡宮の向かいにある宮前児童遊園にあった樹齢約40年のソメイヨシノは、公園の一部が車道や歩道になることを受けて、一昨年7月に撤去された。「地域の人たちにとって愛着のある宮前桜を二世苗で残そう」と、地元まちづくりグループ「尾崎のまちを考える会」(目木敏明会長)が伐採前に挿し木を作った。
 最初に作った挿し木約60株は残念ながら根付かず、作業を引き受けた地元の造園業、頭巾喜和さん(53)=播美造園代表=が新たに20株を挿し木。枯らさないように手厚く世話をした結果、2株が生き残った。
 一本は80センチほどの高さに伸び、もう一本は枝分かれして約40センチ。頭巾さんによると、「人間でいうと、小学校低学年くらい」の段階だという。植木鉢へ植え替えることで、さらに根がしっかり張り、来年の春までには高さ1・5メートル前後まで伸長する見込み。そうなれば定植可能になるという。
 植木鉢への植え替え作業を見守った目木会長は「よくここまで育ってくれた」と目を細めた。子どもの頃から宮前桜を見て育ったという同会理事の小國信一さん(53)は「あの桜はどうなった、と気に掛けている地元の人も多い。一年後が楽しみ」と移植できる日を心待ちにした。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年4月24日号(2414号) 2面 (6,447,286byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂健福管内で新規感染者1人←市民(09/20)
  • 医療過誤で重度障害 同一医師で事故8件←赤穂民報(09/20)
  • 野良猫繁殖、多頭飼育崩壊…1か月で100匹超確認←猫好き(09/20)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合