忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

歴史ある煙突 お役御免

 2017年03月18日 
長年の役目を終えた煙突=赤穂化成提供
 坂越の赤穂化成本社・赤穂工場で煙突の解体工事が行われている。戦前に建てられた年代物で施設更新に伴い、その役目を終えた。
 鉄筋コンクリート造で直径は最下部で4・5メートル、高さは57メートルあり、かつては地元の漁師が港へ帰るときの目印にもなっていたという。
 煙突がある場所の歴史をひも解くと、昭和9年に神戸製鋼所の関連会社紡機製造のレーヨン工場が開業。東亜繊維工業、大日本紡績、ユニチカを経て昭和46年に赤穂化成となった。煙突の建築年代は記録がなく不明だが、同社によれば、「昭和初期に建てられたと聞いている」という。
 同社では、にがりを製造する工程で塩化マグネシウムを煮詰めるプラントの煙道として活用していたが、今年1月にLNGを燃料とする新プラントに更新したため煙道が不要に。老朽化も進んでいることから安全面を考えて解体撤去を決めた。
 解体業者の話では、煙突が建っている場所は工場敷地内でも最も地盤が強固で、しかも目視ではわからない微妙な角度で山側に傾けて建てられており、「万一、地震などで倒壊したとしても被害が最小限に済むように設計したのでは」と推測している。
 解体は煙突の上部から少しずつドリルで崩していく工法で行い、今月末までに終了予定。「私たち社員にとっても親しみのある煙突。長い間おつかれさまでしたと声を掛けたい」と工場長の上田秀樹執行役員。同社では、材料の一部に使われていた耐火レンガを資料として残すことにしているという。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年3月18日(2224号) 3面 (13,203,259byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←海が好き!(07/07)
  • 「アース坂越の森」 環境省の自然共生サイト認定←地球市民(07/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警