忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 子供
  3. 記事詳細

星見えずともロマン広がった天文台見学

 2010年03月23日 
天文台の施設を見学する子どもたち=赤穂LC提供
 国内最大口径の望遠鏡「なゆた」を誇る佐用町西河内の県立西はりま天文台で小学5、6年生を対象にした見学会があり、赤穂から27人が参加した。
 子どもたちの宇宙への興味を広げようと、赤穂ライオンズクラブ(LC・平治孝允会長)が主催。「宇宙NOW−宇宙人はいるか?」と題し、鳴沢真也・主任研究員(44)と赤穂から同行したアマチュア天文家の川西浩陽さん(51)=加里屋=が星座や銀河について講演した。
 同天文台は昨年11月に日本各地の天文台が協力実施した地球外知的生命探査(SETI)の総合本部。その中心人物だった鳴沢さんが話す宇宙探査の歴史や最新情報に子どもたちは夢中で聴き入った。
 この日はあいにくの曇り空。「少しでもチャンスがあれば」とドームを開いてスタンバイしていたが、ついに星を見ることはできなかった。参加者は「なゆたはすごく大きかった。今度は晴れの日に行って星を見てみたい」などと宇宙へのロマンを広げて帰途に着いた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2010年3月27日(1889号) 4面 (8,479,410byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 子供 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警