忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

走って焼き牡蠣 赤穂かきリレーマラソンに440人

 2024年02月26日 
 参加者全員に「坂越かき」の炭火焼きを振る舞う「赤穂かきリレーマラソン2024」が23日、御崎の赤穂海浜公園であり、91チーム計約440人が参加。ランニングと旬の味覚を楽しんだ。

 県内の都市公園を管理運営する公益財団法人兵庫県園芸・公園協会の創立50周年を記念して実行委員会が主催した。会場の一角に焼き牡蠣ブースを設け、ゼッケンに添付されているチケットで焼き牡蠣3個と交換。参加者らは炭火コンロで焼いた熱々の殻付き牡蠣を味わった。

参加者全員に参加賞の焼き牡蠣が提供された「赤穂かきリレーマラソン」


 公園内の周回コース(1・055キロ)を1チーム3〜15人でタスキをつないで40周する「リレーマラソン」に大阪から職場仲間6人で参加した団体職員の淡中(たんなか)泰雄さん(52)は「赤穂は忠臣蔵と塩で有名だと知っていましたが、牡蠣が特産とは知りませんでした。食べるのが楽しみ」とレース中から焼き牡蠣が気になる様子。家族でコースを1周する「ファミリーラン」を親子3人で走った宮前町のパート従業員、小林彩加さん(33)は「ランニングも楽しかったし、牡蠣もおいしくて最高」と声を弾ませた。

 優勝を目指して力走するチームのほか、コスプレや着ぐるみで仮装して走ったチームもあり、参加者らはそれぞれ大会を楽しんだ。同公園管理事務所の金澤満章所長は「県内を中心に京阪神や中国地方からも参加があり、公園の魅力とともに『坂越かき』のおいしさとブランドをPRできた」と大会の成功を喜んだ。

一斉にスタートする赤穂かきリレーマラソンのランナーたち



<前の記事


コメント

かきまつりは今年も開催せず…何処へいってしまったのか
代替イベントだったのでしょうか

14  4

投稿:かきまつりは 2024年02月27日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 刷毛の跡までリアルに 埴輪ミニチュア←もりいくすお(07/20)
  • 消防操法大会 第6分団が西播大会V←疑問(07/19)
  • 木津でトウモロコシのもぎ取り直売会 ヒマワリの無料持ち帰りも←赤穂民報(07/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警