忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

「第3回赤穂塩まつり」11日開催 スタンプラリーやクイズ大会など

 2023年11月08日 
 地元特産の塩をテーマに「第3回赤穂塩まつり〜お塩に感謝デーす〜」が11月11日(土)、御崎の赤穂海浜公園にある赤穂市立海洋科学館・塩の国で開催される。復元された塩田をバックにステージイベントやゲームなど多彩なプログラムで親子で楽しめる。

 「遊塩地」と題したスタンプラリーは塩の小袋を積み上げた高さを競う「塩積み」や20キロ入りの塩を持ち上げる「塩力自慢」など5種類のゲームを巡るとお菓子がもらえる。午後2時からの「塩の○×クイズ大会」(午後0時半から先着200人に整理券配布)はチャンピオン1人と勝ち抜き賞10人を表彰するほか全員に参加賞あり。「赤穂の塩を知ろう」のブースでは、種類の異なる塩の味を比べるコーナーや塩のシャーベット作り(午後1時〜1時半、先着20人)を体験できる。

 復元塩田をバックにしたステージでは赤穂高校吹奏楽部の演奏や「赤穂宝専寺恵比寿大黒舞」(県無形民俗文化財)に加え、塩田の作業唄「赤穂濱鋤き唄」(市無形民俗文化財)を披露。製塩メーカー、赤穂化成の横山博好顧問が「赤穂の塩の話」と題して話す。

 着色した塩で立体的な絵を描いたり、小瓶に詰めてストラップを作るワークショップ(要材料費)、キッチンカーや軽トラ市の出店もある。赤穂の塩などが当たる抽選会は午後0時10分と2時半の2回。市民有志の実行委員会の柳田智貴会長(44)=中広=は「赤穂は塩で栄え、日本遺産にも認定された。イベントで塩に興味を感じてもらい、まちへの誇りにつなげたい」と来場を呼び掛けている。

 午前10時〜午後3時で先着200人に赤穂の塩をプレゼント。小雨決行。柳田会長Tel090・5898・1266。




<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年11月11日号(2529号) 1面 (5,660,249byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 消防殉職者悼み慰霊碑で清掃奉仕←地球市民さんへ(07/24)
  • 消防殉職者悼み慰霊碑で清掃奉仕←地球市民(07/23)
  • 《市民病院医療事故多発》執刀医と科長を業務上過失傷害容疑で書類送検 2件目←3(07/23)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警