忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

31年前に埋めたタイムカプセル 14日に開封 尾崎小

 2023年05月02日 
 昨年に創立150周年を迎えた尾崎小学校で、31年前の創立記念日に当時の全校児童が手紙などを入れて埋設したタイムカプセルがこのほど取り出された。5月14日(日)に開封し、中身を児童本人または家族に返還する。

創立120周年記念でタイムカプセルを封入した尾崎小のモニュメント「希望の瞳」


 同校では1992年5月10日、創立120周年記念事業として校庭に設置したモニュメント「希望の瞳」の中にタイムカプセルを封入。「30年後にカプセルを開けましょう」と約束した。

 当時の6年生担任だった元教諭らが開封について相談。「各学年のタイムカプセルを当時の在校生が確認できる機会を設けたい」と、学校の了承を得て開封と返還を実施することになった。

 関係者によると、タイムカプセルはプラスチック製のケースで学年別に6箱。14日午前9時半から11時半まで同校運動場(雨天時は体育館)で各学年ごとに受付を設け、本人または家族であることを保険証などで確認した上で当時の担任が中身を渡す。

 当時6年生だったOBの男性は「手紙に何を書いたのか覚えていないが、同級生や先生に会えるのが楽しみ」と当日を心待ちにしている。

 
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年5月13日号(2506号) 3面 (8,504,697byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

卒業生さんへ
参加された同級生や当時の担任に連絡すると何かわかるかもしれません。当日は当時の担任が引き渡しをしておりました。小学校には連絡しないほうが良いかと思います。

1  1

投稿:参加者 2023年05月15日

その日は、用事があり取りに行けません。家族も仕事です。
その場合はもう受け取れないのでしょうか?

3  2

投稿:卒業生 2023年05月13日

モニュメントの雨漏りで一時他の場所に避難し、カプセルが行方不明等いろんな噂が有りましたがしっかりと全員分有れば良い思い出になりますね。

6  3

投稿:当時の尾崎小学生 2023年05月03日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←Y(02/24)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←役所(02/24)
  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←赤穂にいる事が心配(02/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警