忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

景観形成重要建造物に「坂越まち並み館」

 2023年03月01日 
 地域の良好な景観形成に重要な役割を果たしているとして、兵庫県は2月28日、新たに景観形成重要建造物7件を指定。赤穂市内では「坂越まち並み館」が指定された。

赤穂市内2件目となる景観形成重要建造物に指定された「坂越まち並み館」


 坂越まち並み館は大正前期に建設された木造瓦葺き2階建て。同末期に奥藤銀行坂越支店として使用が開始され、その後は銀行の合併に伴い、兵和銀行、神戸銀行、赤左信用金庫、はりま信用金庫の坂越支店となり、1978年に現所有者の赤穂商工会議所が土地と合わせて買い取った。

 92年に坂越地区が「景観形成地区」に指定されたことを受け、建築意匠は変えずに建屋を補修整備。赤穂市に無償で貸し出され、地域の景観創造活動拠点として活用されている。1階の重厚な扉は創建当時からあった金庫室で、竹野地の天井がある2階は建築当初に近い姿を残す。

 県によると、銀行業務を終えた時から改修が加えられておらず、「大正期の播磨地方における銀行の姿を今に伝える建物として、歴史的に貴重」という。2階屋根の一部に雨漏りがあり、今後は現状維持を基本方針に修復と耐震診断を実施。中期的には、診断に基づく耐震補強、屋根瓦の葺き替えも行う計画だ。
 所有する赤穂商工会議所は「これからも坂越のシンボル的な建造物として活用されるよう、市の管理の下、適切に維持していきたい」としている。

 県によると今回の指定で景観形成重要建造物は121件(樹木8件を含む)となり、赤穂市内では塩屋の「寺田邸」に続き2件目。民間所有の物件については、建物の修景などを行う場合の設計費や工事費などの一部を県が助成する。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】県景観形成重要建造物に塩屋「寺田邸」


掲載紙面(PDF):
2023年3月4日号(2498号) 1面 (11,792,389byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←海が好き!(07/07)
  • 「アース坂越の森」 環境省の自然共生サイト認定←地球市民(07/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警