忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

福浦産廃処分場計画地「事業者指導して」市長に要望

 2023年01月20日 
 「産業廃棄物最終処分場建設反対赤穂市民の会」(勝田三好会長)は牟礼正稔市長と懇話会をこのほど開催。兵庫奥栄建設が福浦の旧採石場で進めようとする産廃処分場建設計画の阻止に向けて情報を共有した。

産廃反対市民の会との懇話会で発言する牟礼正稔市長


 同社が福浦に所有する旧採石場をめぐっては、2016年までに行われる計画だった建設残土での埋め戻しがいまだに着手されていない。許認可権を持つ兵庫県は一昨年8月、毎年10万立方メートル分ずつ段階的に埋め戻すことを条件に事業期間の延長を認可したが実行された形跡はなく、市民の会は昨年9月、計画通りの埋め戻しと早期緑化を求める要望書を同社へ提出。同社の回答は「県と協議中」という内容にとどまった。

 懇話会は加里屋中洲の市民会館であり、勝田会長はじめ役員と構成団体の13人が参加。「計画をなし崩しにしている」「市民を愚弄した回答だ」など事業者への不服を訴えたほか、「孫や子の代まで関わる問題。私たちの世代が目の黒いうちに解決しておきたい」と早期決着を望む声があった。

 また、赤穂市が同社と締結している環境保全協定を根拠に「市から事業者を指導してほしい」という要望も出された。牟礼市長は「可能かどうか所管に検討させたい」と答え、別の事業者が西有年地区で計画している産廃最終処分場建設計画についても改めて「計画反対」の意向を示した。

 勝田会長は「計画阻止に向けて行政、議会、市民が『オール赤穂』で頑張っていきたい」と団結を呼びかけた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年1月21日号(2492号) 1面 (4,011,788byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合