忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 記事詳細

24日から寒波 水道管の凍結に注意を

 2023年01月20日 
 大阪管区気象台が20日に発表した「強い冬型の気圧配置による近畿地方気象情報」によると、24日から25日ごろにかけて、近畿地方は荒れた天気や大雪となる見込みで、兵庫県内でも大雪の早期注意情報が発表された。赤穂市は水道管の凍結に注意を呼び掛けている。

 市上下水道部によると、外気温がマイナス4度以下になると水道管が凍結する可能性が高まる。特に屋外に露出したり、日当たりの悪い場所、風が強く吹く場所の蛇口や水道管は凍結しやすいという。過去にも寒波により水道管の凍結や破裂が多発したことがあった。

 凍結を防止するには、蛇口や水道管に保温材や布、タオルなどを巻きつけ、その上からビニール袋などをかぶせて防水するといった対策が有効という。また、空き家で水道管が凍結して破裂すると、溶けた後に水が漏れ続けることになるため、メーターボックス内にある止水栓を閉じておくとよい。

凍結防止を対策した立水栓(広島市水道局ホームページより)


 凍結してしまった場合は、「自然に溶けるのを待つか、布やタオルなどを巻いた上からゆっくり気長にぬるま湯をかけて溶かす」(上下水道部総務課)。熱湯をかけると水道管のひび割れや破裂の恐れがある。

 水道管が破裂した場合は止水栓を閉めるか、破裂箇所に布やテープをしっかり巻き付けて応急措置をした上で「指定給水装置工事事業者」へ修理を依頼すればよい。

 また、給湯器の内部や配管で凍結が起きる場合もあり、「各メーカーの取扱説明書などを確認して」と対策を促している。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合