忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

赤穂高柔道部OBの松本雄史さんが後輩に稽古

 2022年05月17日 
 柔道選手として主要大会で活躍し、現在は兵庫県警の術科指導者として後進を育成する松本雄史さん(37)が母校の赤穂高校をこのほど訪れ、後輩部員たちをコーチした。

母校の柔道部員に指導する松本雄史さん(右)


 上郡中出身の松本さんは赤穂高3年時に全日本ジュニア73キロ級で優勝。天理大に進んだ翌年に連覇した。社会人になってからは兵庫県警の特別訓練員として技を磨き、グランドスラム東京や講道館杯で3位に。体重無差別で日本一を争う全日本選手権で8強入りするなど活躍した。

 この日は学校の依頼を受けて同僚の橋本大悟さん(35)とともに来校し、男女6人の部員たちに技術指導。乱取りで胸を貸し、それぞれの部員の長所を引き出した。

 同校によると、柔道部は創部90年以上の歴史があるが、近年は部員が減少。今年度の夏の総体を最後に休部が決まっている。「悔いの残らない試合をしてほしい」と松本さん。直接指導を受けた寺尾凪生(なぎ)主将=3年=は「実践的な稽古をつけてもらってわくわくした。きょう教わったことを活かして優勝を目指してがんばりたい」と意気込んだ。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年5月21日号(2462号) 2面 (8,115,688byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←あこう(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←赤穂市民(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←市民(06/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合