忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

会員が作詞 上仮屋老人クラブの愛唱歌

 2022年01月22日 
「赤城会賛歌」を作詞した牛丸廣治さん(左)と司波多聞さん
 上仮屋老人クラブ「赤城会」(榊敏会長)の愛唱歌がこのほど完成。会員が作詞した歌詞を「鉄道唱歌」のメロディーで歌う。会員からは「歌いやすい。会の活動がさらに活発になりそう」と好評だ。

 「声高らかに歌うたい 老いの青春楽しんで」で始まる歌詞は3番まであり、「忠臣蔵のおひざ元 エイエイオーと生きていく」「元気で長生きいきいきと ああわれらが赤城会」など地域性や会の目的を織り交ぜた七五調。15年以上前から高齢者大学のエッセイ部に所属し、日頃から作文や作詞を楽しむ会員の牛丸廣治(ひろじ)さん(85)=上仮屋南=が「赤城会賛歌」のタイトルで作詞した。クラブのサポーターでギター演奏が得意な司波多聞さん(73)が「誰でもすぐに歌えるように」と「鉄道唱歌」の曲に合うように少し歌詞をアレンジした。

 上仮屋地区の老人会は一時期、活動休止状態となっていたが2016年に榊会長らが復活。会員で集まって朝食を食べる「モーニング会」や百歳体操のほかグラウンドゴルフ、囲碁など趣味のサークルもある。モーニング会の食材には会員たちが耕作放棄地を再生して育てた野菜も使うなど、市内の老人会で随一と言える盛んな活動を展開している。

 「赤城会賛歌」はモーニング会などで歌っていく予定で、牛丸さんは「自分としては『老いの青春楽しんで』のところが一番気に入っている。明るく元気に歌ってほしい」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年1月22日号(2447号) 1面 (4,324,331byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

いいニュースですね。
「元気で長生き、いきいき」
自分の親と同世代の方々が、こんな素敵な笑顔で
楽しく歌を歌って肺活量も鍛えて元気でいてくれたら、とても嬉しいです。

1  0

投稿:赤穂市民 2022年01月22日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「仕事のやりがい伝えたい」自動車整備の体験授業←クローバー(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←おじさん(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←とんび(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合