忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話・第24話「鯰峠の伝説」(上)

 2021年02月06日 
 
 昔、西有年の馬路池のほとりで、ひとりの美しい娘が夕方になると決まって現れました。村の若者たちは、よるとさわると、この娘の噂です。
 「きっと、隣村の娘にちがいない。それにしても美しい娘だなあ。一遍でもええから話がしてえなあ」
 その日も、娘が馬路池のほとりにあらわれました。日が暮れかかると、峠を登っていきます。村の若者たちがあとをつけると、娘は峠の頂上で立ち止まりました。
 すると、山野里の大池のほうから一人の若者が峠を登ってきました。娘はうれしそうにかけていき、仲よく寄り添いました。
 二人は逢瀬を楽しみ、別れを惜しみながら別々に峠をおりていきました。村の若者たちは悔しくてなりません。
 「山野里のもんに、娘をとられたど」「こらしめてやろう」と、口ぐちにいいながら、今度は若者のあとを追いかけていきました。
 若者の足は早く、なかなか追いつけません。ようやく、大池のほとりで追いつき、声をかけようとした時です。突然、若者の姿は大きな鯰に変わり、池の中へと消えていきました。
 おどろいた村の若者は、しばらくは口もきけず、気が抜けたようにぼう然としていました。ふと我に返った一人の若者が叫びました。
 「コリャ大変だ。あの娘に知らせてやらんと、大鯰に食べられてしまうぞ」
 娘に伝えようと、急いで峠の道を引き返して駆け出しました。
 馬路池のほとりで、村の若者たちは娘に追いつきました。おどろいたのと、走ってきたのとで、若者の息ははずんでいます。とぎれとぎれに、今見てきたことを話して聞かせました。
 話を聞いた娘は、ニッコリと笑い、頭をさげたかと思うと、たちまち鯰の姿に変わって、池の中に消えていきました。男は大池の、そして娘は馬路池の主の鯰だったのです。(つづく)=切り絵・村杉創夢
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年2月6日号(2403号) 4面 (10,926,494byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←かわいそう(12/07)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合