忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

まち歩き楽しみながら歴史クイズに挑戦

 2023年11月29日 
 地域の名所・旧跡を巡り、各スポットにまつわるクイズに挑戦するウオークラリーが25日、尾崎地区であり、尾崎小学校の全校児童約350人が参加。全問正解を目指して元気にまちを歩いた。

歴史クイズに挑みながら、まち歩きを楽しんだ「尾崎名所ウォークラリー2023」


 地元まちづくり団体「尾崎のまちを考える会」(浜野好正会長)が小学校、PTAと2018年から開くイベント。コロナ禍の中止と縮小をはさみ、完全な形での開催は4年ぶり。4年生以下は初めての参加となった。

 子どもたちは学年混合の30班に分かれて町中へ。大石内蔵助が赤穂城明け渡し後に仮住まいした「おせど」、かつて製塩業が盛んだった名残を示し、日本遺産の構成文化財でもある塩竈神社など12か所に設けられたラリーポイントを順々に回り、スタッフが出題する問題にチャレンジした。正解するともらえるキャラクターシールを受け取ると、班全員で喜んだ。

 「三本松」は室町時代に戦乱を逃れた赤松家の武将が尾崎姓に名を改めて隠れ住んだとされる場所。尾崎村の由来にもなったと言い伝えられる。迷路のような路地を入り込んだ奥にあり、ラリーに初めて参加した4年生の阿部渉空(わく)君(10)は「今まで来たことがなかったので、こんなところにあってびっくりした」。浜野会長は「地域の歴史を知ることで、地域への愛着が生まれる。きょうのコースを、ぜひ親子でも回ってみてほしい」と話した。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警